診療科目・診療時間・アクセス
院長あいさつと診療理念
人間ドック
もの忘れ外来(認知症)
呼吸器科・アレルギー科
モストグラフ
禁煙外来について
舌下免疫療法
ボツリヌス(ボトックス)治療(眼瞼痙攣、顔面痙攣)
インフォームドコンセント・セカンドオピニオンについて
病気の説明のページ(患者さん用)
勉強会、学会活動など
学会・研究会メモ
スタッフ
 
■■ボツリヌス治療(眼瞼痙攣、顔面痙攣)

“眼や口の周りがピクピクけいれんしている”
といった症状がありませんか?。

これは眼瞼痙攣(がんけんけいれん)、顔面痙攣(がんめんけいれん)という病気かもしれません。 原因の詳細は不明ではありますが、顔面神経という顔の筋肉を動かす神経に脳動脈が接触することによって生じるといわれています。
当院ではその治療のひとつであるボツリヌス(商品名:ボトックス)治療を行うことができます(保険適応)。 ボツリヌス治療とは、ボツリヌス菌の毒素のひとつであるボツリヌスA型毒素を筋肉内注射することによってけいれんなどを抑える治療です。 有効率は約90%であり、一度治療すると数日で効果が認められ、3〜4ヶ月続きます。 大きな副作用はなく安全性は高い治療です(ほとんどの副作用は局所性、一過性です)。
ぜひお気軽にご相談ください。