CDC updated May 7, 2021(感染経路について)

Scientific Brief: SARS-CoV-2 Transmission. CDC updated May 7, 2021.

Summary of recent changes:

このサイエンス・ブリーフは,SARS-CoV-2伝播に関する最新の知識を反映して更新され,より簡潔に再構成されている.

●SARS-CoV-2伝播経路は,ウイルスの吸入(inhalation),露出した粘膜へのウイルスの付着,ウイルスが付着し汚染された手で粘膜に触れること,に分類されている.

伝播経路の理解は進んでいるが,感染予防の方法はまだ変わっていない.CDCが推奨するすべての予防法は,これらの伝播形式に対しても有効である.

SARS-CoV-2 is transmitted by exposure to infectious respiratory fluids:

SARS-CoV-2COVID-19の原因ウイルス)の主な(principal)感染形式は,感染性ウイルスを含む呼吸液(respiratory fluids)に触れることである曝露には主に3つの経路がある(1)非常に微細な呼吸飛沫(very fine respiratory droplets)やエアロゾル粒子(aerosol particles)の吸入,(2)直接の飛散(splash)や噴霧(spray)による口,鼻,眼の露出した粘膜への呼吸器飛沫や粒子の付着3)ウイルスを含む呼吸器液によって直接,またはウイルスが付着した表面に触れることによって間接的に,汚染された手で粘膜に触れることである

人は,呼出(exhalation)(静かな呼吸,発声,歌唱,運動,咳,くしゃみなど)の際に,さまざまな大きさの飛沫の形で呼吸液を放出する1)-9).これらの飛沫がウイルスを運び,感染を伝播させる.

最も大きな飛沫は,数秒から数分で空気中から急速に沈降する.

最も小さい非常に微細な飛沫や,この微細な飛沫が急速に乾燥してできるエアロゾル粒子(aerosol particles formed when these fine droplets rapidly dry)は,数分から数時間にわたって空気中に懸濁したままで存在できるほどの大きさである(small enough that they can remain suspended in the air for minutes to hours).

 

SARS-CoV-2を運ぶ呼吸液への感染性曝露は,主(principal)に3つの方法で起こる(相互に排他的ではない):

1)感染性ウイルスを含む非常に微細な飛沫やエアロゾル粒子を運ぶ空気の吸入(inhalation.伝播リスクは,これらの非常に微細な飛沫や粒子の濃度が最も濃くなる感染源から36フィート以内で最も高くなる.

2)呼出された飛沫や粒子に運ばれるウイルスの露出した粘膜への付着(deposition(咳などによる”飛散(splash)と噴霧(spray)”.伝播リスクは,同様に,これらの呼出された飛沫や粒子の濃度が最も濃くなる感染源の近くで最も高くなる.

3)ウイルスを含む呼気液で汚れた(soiled)手で粘膜に,あるいはウイルスに汚染された(contaminated)無生物の表面(inanimate surfaces)に触れる(touching

The risk of SARS-CoV-2 infection varies according to the amount of virus to which a person is exposed:

感染性飛沫および粒子が呼出されると,それらは発生源から外に向かって移動する.感染のリスクは,感染源からの距離が離れるほど,そして呼出後の時間が長くなるほど減少する.人が空気に曝露する(person is exposed in the air),あるいはウイルスに汚染された表面に触れて曝露するウイルスの量は,主に(principal2つの過程で決まる:

1)ウイルスを含むより大きく重い呼吸飛沫が重力によって地面や他の表面に落下,そして気流(airstream)中に残った非常に微細な飛沫やエアロゾル粒子が,遭遇する空気の量(volume)や流れ(streams)の増加に伴って徐々に混合し,希釈されていくので,空気中のウイルス濃度が低下していく.この混合は必ずしも均一ではなく,熱層(thermal layering)や呼出の初期噴出(initial jetting of exhalations)に影響されることがある.

2)温度,湿度,紫外線(太陽光など)などの環境要因の影響を受けて,時間の経過とともにウイルスの活性化率(viability)や感染性が徐々に低下する

Transmission of SARS-CoV-2 from inhalation of virus in the air farther than six feet from an infectious source can occur:

感染源からの距離が長くなると,同様に吸入の役割も大きくなる.感染源から6フィートを超えている場所での吸入による感染は,近距離に比べて可能性は低いものの,予防可能な特定の状況下(under certain preventable circumstances)では10)-21),この現象が繰り返し記録されている.これらの感染伝播イベントは,空気中のウイルス濃度が,感染性のある人が室内で長い時間(>15分,場合によっては数時間)ウイルスを呼出することによって,6フィートを超えて離れている人,そして場合によっては感染性のある人が去った直後(soon after)にその空間を通過した人に伝播するのに十分な濃度になることによって起こってきた.公表されている報告によると,このような状況下でSARS-CoV-2感染のリスクを高める要因は以下の通りである.

換気や空気処理が不十分な密閉された空間で,呼出された呼吸液,特に非常に細かい飛沫やエアロゾル粒子の濃度が空間に蓄積されること.

感染性のある人による身体活動や発声によって呼吸液の呼出が増加する場合(例えば,運動,叫ぶ,歌唱).

これらの状況に長く曝露する場合(典型的には>15分).

Prevention of COVID-19 transmission:

感染伝播に必要なSARS-CoV-2の感染量(infectious dose)は確立されていない.汚染された表面からの伝播は,新たな感染には大きく寄与しないことが最近の証拠では強く示唆されている.動物実験22)-24)や疫学調査25)(上述の研究に加えて)では,ウイルスの吸入が感染の原因となることが示されているが、ウイルスの吸入(inhalation)と粘膜へのウイルスの付着(deposition)の相対的な寄与はまだ定量化されておらず,確立するのは困難であろう.このような知識のギャップはあるが,SARS-CoV-2伝播を防ぐための既存の推奨事項がまだ有効である(remain effective)ことを示す証拠は引き続き存在する.SARS-CoV-2伝播を防ぐためには,物理的な距離を置くこと,十分にフィットしたマスク(例えば,barrier face coveringsprocedure/surgical masks)を使用すること,十分な換気を行うこと,混雑した屋内環境を避けることなどが挙げられる.これらの方法により,ウイルスの吸入と,露出した粘膜へのウイルスの付着の両方による伝播を減らすことができる.汚れた手や表面を介した伝播は,適切な手指衛生の実践と環境の清浄化によって防ぐことができる.

 

References

1) Stadnytskyi V, Bax CE, Bax A, Anfinrud P. The airborne lifetime of small speech droplets and their potential importance in SARS-CoV-2 transmission. Proc Natl Acad Sci U S A. Jun 2 2020;117(22):11875-11877. doi:10.1073/pnas.2006874117

2) Alsved M, Matamis A, Bohlin R, et al. Exhaled respiratory particles during singing and talking. Aerosol Science and Technology. 2020;54(11):1245-1248.

doi:10.1080/02786826.2020.1812502

3) Echternach M, Gantner S, Peters G, et al. Impulse Dispersion of Aerosols during Singing and Speaking: A Potential COVID-19 Transmission Pathway. Am J Respir Crit Care Med. Dec 1 2020;202(11):1584-1587. doi:10.1164/rccm.202009-3438LE

4) Asadi S, Wexler AS, Cappa CD, Barreda S, Bouvier NM, Ristenpart WD. Aerosol emission and superemission during human speech increase with voice loudness. Sci Rep. Feb 20 2019;9(1):2348. doi:10.1038/s41598-019-38808-z

5) Asadi S, Wexler AS, Cappa CD, Barreda S, Bouvier NM, Ristenpart WD. Effect of voicing and articulation manner on aerosol particle emission during human speech. PLoS One. 2020;15(1):e0227699. doi:10.1371/journal.pone.0227699

6) Morawska L., Johnson GR, Ristovski ZD, et al. Size distribution and sites of origin of droplets expelled from the human respiratory tract during expiratory activities. Aerosol Sci. 2009;40(3):256-269.

7) Buonanno G, Stabile L, Morawska L. Estimation of airborne viral emission: Quanta emission rate of SARS-CoV-2 for infection risk assessment. Environment international. May 11 2020;141:105794. https://dx.doi.org/10.1016/j.envint.2020.105794

8) Papineni RS, Rosenthal FS. The size distribution of droplets in the exhaled breath of healthy human subjects. J Aerosol Med. Summer 1997;10(2):105-16. doi:10.1089/jam.1997.10.105

9) Edwards DA, Ausiello D, Salzman J, et al. Exhaled aerosol increases with COVID-19 infection, age, and obesity. Proc Natl Acad Sci U S A. Feb 23 2021;118(8)doi:10.1073/pnas.2021830118

10) Bae S, Kim H, Jung TY, et al. Epidemiological Characteristics of COVID-19 Outbreak at Fitness Centers in Cheonan, Korea. J Korean Med Sci. Aug 10 2020;35(31):e288. doi:10.3346/jkms.2020.35.e288

11) Brlek A, Vidovic S, Vuzem S, Turk K, Simonovic Z. Possible indirect transmission of COVID-19 at a squash court, Slovenia, March 2020: case report. Epidemiol Infect. Jun 19 2020;148:e120. doi:10.1017/S0950268820001326

12) Cai J, Sun W, Huang J, Gamber M, Wu J, He G. Indirect Virus Transmission in Cluster of COVID-19 Cases, Wenzhou, China, 2020. Emerging infectious diseases. Mar 12 2020;26(6):12. https://dx.doi.org/10.3201/eid2606.200412

13) Shen Y, Li C, Dong H, et al. Community Outbreak Investigation of SARS-CoV-2 Transmission Among Bus Riders in Eastern China. JAMA Intern Med. Dec 1 2020;180(12):1665-1671. doi:10.1001/jamainternmed.2020.5225

14) Groves LM, Usagawa L, Elm J, et al. Community Transmission of SARS-CoV-2 at Three Fitness Facilities — Hawaii, June–July 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. Feb 24 2021;70(Early Release)

15) Hamner L, Dubbel P, Capron I, et al. High SARS-CoV-2 Attack Rate Following Exposure at a Choir Practice – Skagit County, Washington, March 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. May 15 2020;69(19):606-610. doi:10.15585/mmwr.mm6919e6

16) Jang S, Han SH, Rhee JY. Cluster of Coronavirus Disease Associated with Fitness Dance Classes, South Korea. Emerg Infect Dis. Aug 2020;26(8):1917-1920. doi:10.3201/eid2608.200633

17) Lendacki FR, Teran RA, Gretsch S, Fricchione MJ, Kerins JL. COVID-19 Outbreak Among Attendees of an Exercise Facility — Chicago, Illinois, August–September 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. Feb 24 2021;70(Early Release)

18) Li Y, Qian H, Hang J, et al. Probable airborne transmission of SARS-CoV-2 in a poorly ventilated restaurant. Build Environ. Jun 2021;196:107788.

doi:10.1016/j.buildenv.2021.107788

19) Lu J, Gu J, Li K, et al. COVID-19 Outbreak Associated with Air Conditioning in Restaurant, Guangzhou, China, 2020. Emerging infectious diseases. Apr 2 2020;26(7)doi:10.3201/eid2607.200764

20) Katelaris AL, Wells J, Clark P, et al. Epidemiologic Evidence for Airborne Transmission of SARS-CoV-2 during Church Singing, Australia, 2020. Emerg Infect Dis. Apr 5 2021;27(6)doi:10.3201/eid2706.210465

21) Charlotte N. High Rate of SARS-CoV-2 Transmission Due to Choir Practice in France at the Beginning of the COVID-19 Pandemic. J Voice. Dec 23 2020;doi:10.1016/j.jvoice.2020.11.029

22) Shi J, Wen Z, Zhong G, et al. Susceptibility of ferrets, cats, dogs, and other domesticated animals to SARS–coronavirus 2. Science. 2020:eabb7015. doi:10.1126/science.abb7015

23) Kim YI, Kim SG, Kim SM, et al. Infection and Rapid Transmission of SARS-CoV-2 in Ferrets. Cell host & microbe. Apr 5 2020;doi:10.1016/j.chom.2020.03.023

24) Kutter JS, de Meulder D, Bestebroer TM, et al. SARS-CoV and SARS-CoV-2 are transmitted through the air between ferrets over more than one meter distance. Nat Commun. Mar 12 2021;12(1):1653. doi:10.1038/s41467-021-21918-6

25) Klompas M, Baker MA, Rhee C, et al. A SARS-CoV-2 Cluster in an Acute Care Hospital. Ann Intern Med. Feb 9 2021;doi:10.7326/M20-7567

 

 

 

 

 

 

 

Ways COVID-19 Spreads. CDC updated May 7, 2021.

Image of a neighborhood

COVID-19は、感染者がウイルスを含んだ飛沫や非常に小さな粒子を吐き出すことで広がる.これらの飛沫や粒子は,他の人が吸い込む,あるいは目,鼻あるいは口に沈着(land on)付着しうる.場合によっては,触れた表面が汚染されることもある.感染者から6フィートより近い場所にいる人が,最も感染する可能性が高い.

Types of Spread:

COVID-193つの主要な経路(main ways)で広がる.

1)ウイルスを含む小さな飛沫や粒子を吐き出している感染者の近くで空気を吸い込むこと.

2)特に,咳やくしゃみなどの飛散や噴霧によって,ウイルスを含んだ小さな飛沫や粒子が目,鼻あるいは口などに付着すること.

3)ウイルスが付着した手で,目,鼻,口を触ること.

Protect yourself and others:

できるだけ早くワクチンを接種する.

自分と他の人を守るためにマスクで鼻と口を覆う.

一緒に生活をしていない人とは6フィート離れる.

混雑して換気が悪い屋内空間を避ける.

石鹸と水で手を洗う.もし石鹸と水が使用できなければ,手指消毒液を用いる.

How COVID-19 Spreads:

COVID-19に感染している人は,症状がなくても感染を広げる可能性がある.

How it spreads

How common is this type of spread

How to protect yourself

@ Breathing in droplets or particles

 

 

Breathing in air with small droplets or particles that contain the virus when people are less than 6 feet apart

Common

Get a COVID-19 vaccine as soon as you can

Wear a mask

Stay 6 feet apart

Avoid crowds

Avoid poorly ventilated indoor places

Breathing in air with small droplets or particles that contain the virus when people are far apart or have been in the same enclosed space for more than a few minutes

Uncommon

Get a COVID-19 vaccine as soon as you can

Wear a mask

Avoid  poorly ventilated indoor places

A Direct splashes and sprays

 

 

By having small droplets and particles that contain virus land on the eyes, nose, or mouth, especially from coughs and sneezes that create sprays and splashes

Common

Get a COVID-19 vaccine as soon as you can

Wear a mask

Stay 6 feet apart

B Touching eyes, nose, or mouth

 

 

Touching eyes, nose, or mouth with hands that have the virus on them

Uncommon

Get a COVID-19 vaccine as soon as you can

Wear a mask

Wash your hands

Avoid touching your eyes, nose, and mouth before washing hands

 

COVID-19 and animals:

COVID-19は,状況によっては人から動物へと広がりうる.ペットの猫や犬は,COVID-19感染者と密接に接触した後に感染することがある.ペットを飼っている人はどうすればいいのかを学ぶべきである.

Reinfection:

COVID-19再感染の事例は報告されているが,まだ稀である.

●CDCは公衆衛生活動に役立てるために,再感染についての情報を積極的に収集している.