COVID-19関連追加(2020329日)

 

Letter to the Editor

Bandirali M, et al. Chest X-ray findings in asymptomatic and minimally symptomatic quarantined patients in Codogno, Italy Radiology 2020 Mar 27 https://doi.org/10.1148/radiol.2020201102

 

2020220日,イタリアのロンバルディア州ローディ県にある小さな町コドーニョで初めてのCOVID-19患者が報告された1)223日,イタリア厚生省はコドーニョと周囲の10の町に厳しい検疫体制を敷いた.地方の医療機関は閉じられ,町民たちは14日間隔離された.

私たちのクリニックは14日間の隔離が終わったのち,再始動した.時を同じくして,無症状ないしは微妙な症状,たとえば37.5℃未満の微熱があるとか何となく不調だとか,の患者に胸部単純レントゲンを行う機会が増えた.誰もがCOVID-19の感染を疑う症状はなかったし,そして誰もが感染拡大に不安を持っていた.ただ,すべての患者は,感染拡大の起点となる強固なクラスターに属していたのだ

一週間で,私たちは170人(中央値 57±16歳)の胸部レントゲンを行い,100人(59%)にCOVID-19感染を疑う異常所見を認めた.すべてのケースは両側の陰影であり,54%は左右対称的な画像であったが,46%の画像は左右差を認めた.PCR検査は行わなかった.異常所見はInuiたちが報告したダイヤモンドプリンセス号における感染患者のCT所見と同じようだった(ダイヤモンドプリンセス号では,無症状患者の54%CTで異常所見を認めている2)).

私たちが伝えたいのは,14日間の隔離が終わった後にもかかわらず,無症状あるいは微妙な症状のCOVID-19(疑い)患者は胸部単純レントゲンで異常所見を認めるということだ(私たちはPCR検査を行っていないが.もっともPCRの感度は59%との報告がある3).).胸部単純レントゲンは低コストで広く利用されている有用なツールだ.しかし,COVID-19の胸部レントゲンの特異度は明らかではない.

1) Grasselli G, et al. Critical Care Utilization for the COVID-19 Outbreak in Lombardy, Italy. JAMA 2020 Mar 17; https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2763188.

2) Inui S, et al. Chest CT Findings in Cases from the Cruise Ship “Diamond Princess” with Coronavirus Disease 2019 (COVID-19). Radiol Cardiothorac Imaging. Radiological Society of North America; 2020 Mar 19 ; 2(2): e2001 10

http://pubs.rsna.org/doi/10.1148/ryct.2020200110.

3) Ai T, et al. Correlation of Chest CT and RT-PCR Testing in Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) in China: A Report of 1014 Cases. Radiology 2020 Mar 19 ; 200642http://pubs.rsna.org/doi/10.1148/radiol.2020200642.