COVID-19関連追加(202042日)

【重症COVID-19患者のリスク因子】

 

Xu L, et al. Risk factors for severe corona virus disease 2019 (COVID-19) patients: a systematic review and meta analysis. medRxiv 2020より(プレリリース)

http://doi.org/10.1101/2020.03.30.20047415

202038日まで,CNKICBM-SinoMedMEDLINE (via PubMed), EMBASE, Cochrane Central Register, Web of scienceを検索,集めたデータからのメタアナライシス手法による解析を行った.

最終的に20の研究が基準を満たした.

カテゴリー変数のアウトカム:オッズ比,連続変数のアウトカム:WMD(加重平均の差),SMD(標準平均差).※95%信頼区間(95%CI)が相対危険度(RR1.0をまたいでしまうと精確性が低下.

異質性検定:I2検定(>50%はばらつきが大きく異質性大).

funnel plot:報告バイアスのチェック.アウトカムにおける研究が10未満はパワーの限界があるため行わなかった.

メタアナライシスの結果はTable 2を参照.Forest plotFigure2Figure 3を参照.

681人を含む6つの報告をもとに変量効果モデル:random-effects modelI2=54.4%)を作成した.

<患者背景>

高齢WMD: 11.89 [8.63, 15.14]).

男性OR: 1.61 [1.25, 2.07]).

BMIWMD: 3.38 [0.07, 6.69]).ただし2つの研究(79人).

・喫煙は重症肺炎と強い関連はない(OR: 1.4 [0.65, 3.01]).

<基礎疾患>

糖尿病OR: 3.04 [2.01, 4.60]).

高血圧症OR: 2.31 [1.68, 3.18]).

冠動脈疾患OR: 2.76 [1.39, 5.45]).

COPDOR: 3.56 [1.33, 9.54]).

※いずれもI2<50%とばらつき少ない.

<バイタルサインと症状>

頻呼吸WMD: 5.29 [2.56, 8.01], I2=42.8%).ただし2つの研究(70人).

発熱OR: 2.11 [1.11, 4.02]).

呼吸困難OR: 8.83 [2.82, 27.67]).

<検査所見>

白血球数WMD: 1.76 [0.31, 3.22]).

リンパ球数WMD: -0.42, [-0.52, -0.33])→リンパ球数低下がリスク

ALTWMD: 16.97 [2.18, 31.76]),ASTWMD: 20.60 [6.81, 34.40]),T.bilWMD: 3.93 [2.10, 5.86]).

CrWMD: 8.32 [-1.63, 18.28]),AlbWMD: -5.74 [-7.94, -3.54]),好中球数(WMD: -1.33, 7.17))は明らかな関連はなさそう.

CRPSMD: 2.11 [0.71, 3.51]),プロカルシトニンWMD: 0.16 [0.04, 0.28]).

LDHSMD: 2.0 [1.20, 2.80]),CKWMD: 23.55 [17.08, 30.02]),D-dimerWMD: 0.67 [0.02, 1.32]).

 

10以上の研究があった性別,糖尿病,高血圧症,発熱に関しては,funnel plotが対称的であり,報告バイアスなし.

 

Discussionより:

・女性におけるウイルス感染の低い感受性はX染色体と女性ホルモンによる防御機能かもしれない1)

BMIと重症度の関連から肥満はリスク因子の可能性がある.肥満患者はACE2の発現が増強しており2),重症肺炎のリスクかもしれない.脂肪組織はACE2発現が蓄積している2)

COVID-19患者においてリンパ球減少は少なからず認められる.SARS-CoVが細胞へ侵入することで,リンパ球の細胞質がダメージを受け,壊死やアポトーシスが起こることが報告されている3)

・肺炎に加えて,ALTASTT.bilLDHCKの上昇がみられる.コロナウイルスは呼吸器,消化管,肝臓,中枢神経に感染を起こすことが知られており4)SARS-CoV-2の受容体になるACE2 RNAレベルは,むしろヒトの肺よりも心臓,腎臓,消化管,胆のう,脂肪組織,睾丸でより高い2).多臓器不全は重症化のリスク因子である.

CRP,プロカルシトニンが重症のリスク因子であった.重症例では,赤沈,IL-6IL-10が上昇していると報告されており5),感染後に多彩なサイトカインが産出され,結果として強い炎症反応と免疫機構の障害が生じ,COIVD-19は重症化することが示唆される.抗炎症治療にも注意を向けるべきだろう.

 

1) Zhao Y, et al. Single-cell RNA expression profiling of ACE2, the putative receptor of Wuhan 2019-nCov [published online January 26, 2020].bioRxiv preprint. doi: 10.1101/2020.01.26.919985.

2) Jia X, et al. Two Things About COVID-19 Might Need Attention [published online January 23, 2020]. Preprints. doi: 10.20944/preprints202002.0315.v1.

3) Gu J, et al. Multiple organ infection and the pathogenesis of SARS. J Exp Med, 2005, 202(3): 415-424.

4) Chen Y, et al. Molecular mechanisms or coronavirus RNA capping and methylation[J]. Virol Sin, 2016, 31(1): 3-11.

5) Wan S, et al. Characteristics of lymphocyte subsets and cytokines in peripheral blood of 123 hospitalized patients with 2019 novel coronavirus pneumonia (NCP) [published online February 12, 2020]. medRxiv preprint. doi: 10.14188/j.1671 8852.2020.0103.