COVID-19関連追加(202046日)

【重症COVID-19患者に対する回復者血清による治療】

 

Preliminary Communication

Shen C, et al. Treatment of 5 Critically Ill Patients With COVID-19 With Convalescent Plasma. JAMA 2020 Mar 27. doi: 10.1001/jama.2020.4783.

中国からの報告.ARDSを発症した重症COVID-19患者5uncontroled case series

回復者血清は1:1000以上(end pointでの希釈抗体価)(ELISA法)のSARS-CoV-2特異抗体(IgG)と40以上(end pointでの希釈抗体価)の中和抗体を含む.回復者血清はすでに回復した患者5例から抽出した.

アウトカムは,血清投与前後における体温,SOFAスコア(Sequential Organ Failure Assessment)(0-24,ハイスコアは重症),PAO2/FIO2比,ウイルス量,抗体価,routine blood biochemical indexARDS,人工呼吸器,ECMOとした.

 

患者5例(36-65歳.女性2名)は,いずれも回復者血清を投与された時点で人工呼吸器管理,抗ウイルス薬およびメチルプレドニゾロンの投与を受けていた.回復者血清の中の投与1日前に抗体価を測定し,ABO血液型が適合した血清を2回連続して投与した(1200-250ml,合計400ml).血清投与はドナーから抽出した同日に行った.そして抗ウイルス薬(ロピナビル/リトナビル,インターフェロンα-1barbidoldarunavirPatient 1Patient 4はファビピラビルを投与していた)はウイルス量が陰性化するまで継続した.ドナー5例は18~60歳でCOVID-19既感染者である.PCR検査は陰性かつ少なくとも10日間は無症状で,血清中の特異抗体は1:1000以上,中和抗体は40以上.そして400mlの血清を各々ドナーからアフェレーシスにより抽出し,血清は速やかに同日レシピエントに投与した(入院後10~22日に投与).かつ結果はFigureを参照.体温は4/5例が3日以内に正常化した(Figure D).SOFAスコアは低下し(Figure B),PAO2/FIO2比は12日以内に上昇した(投与前172-276 vs 投与後284-366).ウイルス量は12日以内に低下し陰性化した(Figure A).そしてELISA法の結果,SARS-CoV-2特異抗体および中和抗体の抗体価は上昇した(投与前40-60,投与7日目で80-3204例は投与後12日目にはARDSは改善し,3例は投与2週以内で人工呼吸器のウイーニングが行えた.3/5例は退院できた(入院期間はそれぞれ53日,51日,55日).2例は投与37日で入院中だが安定している.

Discussion

以前より回復者血清を用いた感染症治療は行われてきた.SARSに対する回復者血清治療はステロイド治療に比べ,発症22日までに高い退院率(73.4% vs 19.0%),低い致死率(0% vs 23.8%)を示した報告がある1).またインフルエンザA型(H1N1)患者において回復者血清治療はコントロール群に比べ,死亡例を減少させた(20% vs 54.8%2)

血清の自然な活性を保つため,ドナーから得た血清は同日にレシピエントに投与した.ウイルス量は重症度と進行度と相関することが知られている3).この検討では全例抗ウイルス治療をしていても少なくとも10日間はSARS-CoV-2が認められたが,血清投与後に速やかにウイルス量は低下し検出されなくなった.そして血清投与後はレシピエント5例において,ウイルスの増殖を抑制する中和抗体が増加していた.この結果は,回復者血清から得た抗体がウイルス排出と症状の改善に寄与した可能性を示している.

1) Mair-Jenkins J, et al. The effectiveness of convalescent plasma and hyperimmune immunoglobulin for the treatment of severe acute respiratory infections of viral etiology: a systematic review and exploratory meta-analysis. J Infect Dis 2015; 211(1): 80-90.

2) Hung IF, et al. Convalescent plasma treatment reduced mortality in patients with severe pandemic influenza A (H1N1) 2009 virus infection. Clin Infect Dis 2011; 52(4): 447-456.

3) Ng KT, et al. Viral load and sequence analysis reveal the symptom severity, diversity, and transmission clusters of rhinovirus infections Clin Infect Dis 2018; 67(2): 261-268.