COVID-19関連追加(202055-2

 

【気管支喘息の喀痰細胞中のCOVID-19関連遺伝子:患者像とコルチコステロイド】

Peters MC, et al. COVID-19 Related Genes in Sputum Cells in Asthma: Relationship to Demographic Features and Corticosteroids. Am J Resp Crit Care Med. April 29, 2020.

doi: 10.1164/rccm.202003-0821OC.

Background

Angiotensin converting enzyme 2 (ACE2)transmembrane protease serine 2 (TMPRSS2)SARS-CoV-2が宿主細胞へ侵入する役割を担う.我々は気管支喘息患者の喀痰細胞中のACE2およびTMPRSS2遺伝子の発現の違いがCOVID-19罹患のリスクを持つグループの同定と関連があるかどうか検討した.

Methods

Severe Astma Research Program-3 (検体採取プロトコールはFigure S1参照)における330例と健常者79例の喀痰細胞中のACE2TMPRSS2ICAM-1intercellular adhesion molecule 1)遺伝子の発現を解析した.

 

 

Results

ACE2遺伝子の発現はTMPRSS2遺伝子の発現よりも低かった.そしてどちらの遺伝子とも気管支喘息群と健常者群での発現に有意差は認めなかったFigure 1).一方でICAM-1遺伝子の発現は気管支喘息群で高かった.

両群ともに,喀痰細胞中のACE2遺伝子とTMPRSS2遺伝子発現は強い相関関係にあった

 

 

気管支喘息群においては,男性,African American race,糖尿病の既往,はACE2遺伝子とTMPRSS2遺伝子の発現が有意に高かったFigure 3).

吸入ステロイド(※この報告では種類は不明)治療はACE2遺伝子とTMPRSS2遺伝子の発現がより低いことと関連があった.一方でICAM-1遺伝子の発現とは関連がなかった(Figure 4).

またトリアムシノロンアセトニド(合成副腎皮質ホルモン剤,®レダコート)治療はACE2遺伝子,TMPRSS2遺伝子発現を減少させなかった.

Discussion

ACE2発現は男性の方が高かった.ACE2遺伝子はX染色体上にある.両親からのX-inactivationあるいは刷り込み(imprinting)の差を通した性染色体量(chromsome dosage)の違いがACE2発現に影響しているかもしれない.

African Americanは高血圧の遺伝的なリスク因子として知られており,レニンアンギオテンシンカスケードの多様性と関連がある.

ICAM-1はヒトライノウイルス受容体であり,ライノウイルス感染はしばしば気管支喘息の増悪を引き起こす.

limitation:喀痰細胞は上皮細胞や扁平上皮細胞といった気道を構成する細胞,マクロファージや顆粒球といった免疫をつかさどる細胞の混在であるため,各細胞における発現の違いや量における均一さに問題があること,コルチコステロイドの影響についてはRCTは現時点で存在しないこと,mRNAの発現は蛋白レベルを反映するかどうか確立していないこと,あくまで気管支喘息群の検討であること.

Conclusion

男性African Americans糖尿病においてACE2およびTMPRSS2遺伝子の発現が高かったことは,COVID-19重症化の観点から,これらの気管支喘息サブグループを厳重にモニタリングする根拠になる.吸入ステロイド治療群においてACE2およびTMPRSS2遺伝子の発現が低下していたことは,吸入ステロイドがSARS-CoV-2に対する脆弱性の低下あるいは罹患しやすさの減少に寄与する指標になるかもしれないため更なる検討が望まれる