COVID-19関連追加(2020915日)

 

【換気が不十分な空間のエアロゾル伝播が関連した介護施設におけるアウトブレイク】

De Man P, et al. Outbreak of COVID-19 in a nursing home associated with aerosol transmission as a result of inadequate ventilation. Clinical Infectious Diseases. August 28, 2020. Ciaa1270. https://doi.org/10.1093/cid/ciaa1270.

最近,我々は,換気が不十分な空間におけるエアロゾル感染伝播の結果,オランダの介護施設で発生したアウトブレイクを経験した(623日〜).

介護施設7棟のうち1棟の入所者17人(81%)RT-PCRによりCOVID-19と診断された(Figure 1その後,同棟の医療従事者(HCW17人(50%も陽性が確認された一方,他の6棟のHCW106人,入所者95人の検査はすべて陰性であった.オランダでは,このアウトブレイクの週にはCOVID-19の有病率が低く,493人(0.77%)が陽性であったのに対し,20204月の全国的なピーク時は8391人(21.5%)であった.

COVID-19感染症の予防と管理のために,この介護施設のすべてのHCWは,2020426日以降,特定の棟に割り当てられ,入所者との接触時にサージカルマスクを着用していたHCWは入所者に関連しない活動または休憩中はマスクを着用していなかった.入所者は個屋に居住し,1日の一部を共有部屋で過ごしており、一部の入所者は移動していた.したがって,入所者間の接触,したがって入所者間の直接的な感染伝播を除外することはできない.

サージカルマスクを使用していたにもかかわらず、非常に短期間にCOVID-19感染が顕著に増加していたため,ルーチンの感染源および接触者追跡に加えて、発生棟の換気システムを調査した.この棟は,CO2制御をするためのエネルギー効率の高い換気システムの設置を含む改修が行われたこのシステムは,リアルタイムのCO2濃度測定に基づいて,ただ室内の空気を外気とともに新鮮にするだけのものであるもしCO2濃度が1000ppmを超えなかった場合,換気キャビネットは室内空気をろ過せずに区内に再循環させていたこのような状況では,介護施設の入所者は活動量が少ないため,外気による換気が制限されている可能性があるまた,この棟では,さらにエアコン2台によって冷房を行っており,このエアコンは,1mmメッシュのダストフィルターを介して空気を再循環させていたこれに対して他の6棟は外気による換気を行っていた

リビングルームのエアコンのメッシュに付着した埃と,エアコン8台のうち3台のブロックフィルター4枚からSARS-CoV-2 RNAが検出された.

我々のデータは,このアウトブレイクが,様々な理由による不十分な換気状況におけるエアロゾルを介した感染伝播であることを示唆している.@サージカルマスクを着用してケアが行われた棟のほぼすべての入所者・HCWsに感染が確認されたこと.Aこの特定の棟にアウトブレイクが限局されたこと(このフィルターからSARS-CoV-2 RNAが検出されたことと合わせると,不十分な換気システムのため,ろ過されていない内気が再循環されてしまった).Bこの介護施設のアウトブレイクは,地域社会におけるCOVID19感染症の流行が低い時期に発生したものであること.

我々は,COVID-19感染の予防には,ろ過されていない内気を再循環させる換気システムをもつ医療関連施設や他の建物では,エアロゾル感染の可能性を考慮に入れるべきであることを助言する