COVID-19関連追加(2020930-2

2020724日ファイルに追記.

【現実世界におけるfomitesからの感染伝播リスクは低い】

CORRESPONDENCE

Mondelli MU, et al. Low risk of SARS-CoV-2 transmission by fomites in real-life conditions. Lancet Infectious Diseases. Sept 29, 2020.

https://doi.org/10.1016/S1473-3099(20)30678-2.

我々は,Emanuel Goldman氏のコメントを興味深く読んだ1)SARS-CoV-2が無生物の表面(inanimate surfaces)に何日も残留し,ウイルス感染伝播の可能性がある2)という示唆は,”実験室”の管理下で行われたことが強調されている.同時に,Goldman氏は,特にリスクの高い病棟における,SARS-CoV-2が汚染された無生物表面や患者のfomitesに付着した場合の感染力を調査した研究が実際に行われていないことを嘆いている.

病院環境で行われた研究では,空調の通気口,ベッドの手すり,ベッドサイドのロッカー、まれにトイレなど,ほとんどの表面が汚染されていることが示されている3).疾患経過1週間後に環境表面汚染は低下し,興味深いことに,集中治療室(ICU)では表面汚染は検出されなかった.このChiaらの研究3)の限界は,環境中のスワブからSARS-CoV-2を培養する試みが行われていないことであり,これがあればSARS-CoV-2 RNA陽性サンプルの感染力の観点からの重要性を理解することができたであろう

我々は,イタリア北部の主要な病院の標準的な感染症病棟の無生物の表面の汚染の程度(もしあれば),また汚染リスクが通常の病棟よりも救急室や救急病棟の方が高いかどうかを同定するために,2つの逐次研究4)5)を行った.

 清掃過程は標準的であった.多くの対象物や表面がスワブで拭き取られた.驚くべきことに,唯一患者1人の持続陽圧呼吸ヘルメットのみがSARS-CoV-2 RNA陽性であったさらに重要なことは,陽性のスワブをVero E6細胞を用いて培養しようとしたが失敗に終わったことである5)我々の知見は,標準的な清掃過程と予防措置が実施されていれば,SARS-CoV-2感染伝播につながる環境汚染は実際の生活環境では起こりにくいことを示唆している.これらのデータは、無生物の表面を介した感染伝播の可能性は,これまで認識されていたよりも少ないというGoldmanの指摘を裏付けるものである.

Reference

1) Goldman E. Exaggerated risk of transmission of COVID-19 by fomites.

Lancet Infect Dis. 2020; (published online July 3.)

https://doi.org/10.1016/S1473-3099(20)30561-2.

2) van Doremalen N, et al. Aerosol and surface stability of SARS-CoV-2 as compared with SARS-CoV-1. N Engl J Med. 2020; 382: 1564-1567.

3) Chia PY, et al. Detection of air and surface contamination by SARS-CoV-2 in hospital rooms of infected patients. Nat Commun. 2020; 112800.

4) Colaneri M, et al. Lack of SARS-CoV-2 RNA environmental contamination in a tertiary referral hospital for infectious diseases in Northern Italy. J Hosp Infect. 2020; 105: 474-476.

5) Colaneri M, et al. Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 RNA contamination of inanimate surfaces and virus viability in a health care emergency unit.

Clin Microbiol Infect. 2020; 26: 1094.e1-1094.e5.