COVID-19関連追加(20201023日)

 

【年齢,人種,民族によるCOVID-19と超過死亡の関連】

Rossen LM, Branum AM, Ahmad FB, Sutton P, Anderson RN. Excess Deaths Associated with COVID-19, by Age and Race and Ethnicity — United States, January 26–October 3, 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:1522–1527.

DOI: http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6942e2.

The figure describes excess deaths in the United States from late January to early October 2020.

1015日時点で,COVID-19による死亡者数216,025人が報告されているが,この数は,パンデミックが死亡率に及ぼす全体の影響を過小評価している可能性がある.特に,与えられた事象や原因に直接起因する死亡数の過小確認(underascertainment)が疑問視されている場合には,超過死亡(excess deathsという指標が公衆衛生的なパンデミックや災害の影響を推定するために使用されてきた.超過死亡とは,与えられた場所や時間で予想される死亡数を超過して,あらゆる原因で死亡した人の数と定義されている.ここでは,2020126日〜103日の超過死亡の傾向および人口動態パターンについて報告する.予想される死亡数は,CDCNational Vital Statistics SystemNVSS)の暫定死亡率データを用いて,季節的なパターンを考慮してスプライン(spline terms)を用いた過分散ポアソン回帰モデルを用いて推定された.2020年に発生した週別死亡数と20152019年の同一週に発生した平均数との差,そして2020年の変化率を調べるために,年齢,人種/民族別の週別死亡数を評価した.全体では,20201月下旬〜103日までに米国で推定299,028人の超過死亡が発生しており,その3分の2COVID-19に起因していた最も割合が増加していたのは,2544歳の成人およびヒスパニック系またはラティーノ(ヒスパニック系)であった

Main

2020126日〜103日までに,予想を上回る299,028人が米国内で死亡したと推定されている解析期間中の超過死亡の3分の266.2%, 198,081人)はCOVID-19が原因であり,残りの3分の1はその他の原因によるものであった(Figure 1

Figure 1: Weekly numbers of deaths from all causes and from all causes excluding COVID-19 relative to the average expected number and the upper bound of the 95% prediction interval (A), and the weekly and total numbers of deaths from all causes and from all causes excluding COVID-19 above the average expected number and the upper bound of the 95% prediction interval (B) — National Vital Statistics System, United States, January–September 2020.

The figure is a histogram, an epidemiologic curve showing the weekly numbers of deaths from all causes and from all causes excluding COVID-19 relative to the average expected number and the upper bound of the 95% prediction interval (A), and the weekly and total numbers of deaths from all causes and from all causes excluding COVID-19 above the average expected number and the upper bound of the 95% prediction interval (B), using data from the National Vital Statistics System, in United States, during January–September 2020.

 

 

2020126日〜103日までの超過死亡者数(平均値を上回る死亡者数)は,最も若年層(25歳未満)の約841人から成人7584歳では94,646人の範囲であったしかし,この期間における死亡者数の前年比,平均変化率は,2544が最も大きかった(26.5%)(Figure 2全体では,25歳未満の死亡者数は平均を2.0%下回っていたが,成人4564歳は14.4%6574歳は24.1%7584歳は21.5%,そして85歳以上は14.7%,平均を上回っていた

Figure 2: Percentage change in the weekly number of deaths in 2020 relative to average in the same weeks during 2015–2019, by age group — United States, 2015–2019 and 2020.

The figure is a histogram, an epidemiologic curve showing the percentage change in the weekly number of deaths in 2020 relative to average numbers during the same weeks in 2015–2019, by age group, in the United States, during 2015–2019 and 2020.

 

 

人種・民族別にみると,解析期間中の超過死亡者数は,non-Hispanic American Indian/ Alaska Native AI/AN)人で約3,412人から白人で171,491人の範囲であった.白人では,20152019年の平均と比較して11.9%の増加となっていた.しかし,一部の人種・民族のサブグループでは,死亡者数の増加率が不均衡に高くなっていた(Figure 3具体的には、この期間の平均増加率が最も大きかったのはヒスパニック系であった53.6%死亡者数は,AI/AN人で28.9%,黒人で32.9%,その他の人種・民族で34.6%,アジア人で36.6%20152019年の平均を上回っていた

Figure 3:

Percentage change in the weekly number of deaths in 2020 relative to average numbers in the same weeks during 2015–2019, by race and Hispanic ethnicity — United States, 2015–2019 and 2020

The figure is a histogram, an epidemiologic curve showing the percentage change in the weekly number of deaths in 2020 relative to average numbers in the same weeks during 2015–2019, by race and Hispanic ethnicity, in the United States, during 2015–2019 and 2020.

これらの結果によって,COVID-19による死亡がどの程度過小確認になっているのかという情報,そしてパンデミックに直接または間接的に関連した死亡を予防するための取り組み,例えば医療への混乱を最小限に抑えるための取り組みについての情報が提供される.