COVID-19関連追加(20201123日)

Scientific Brief (Nov 20, 2020):

Community Use of Cloth Masks to Control the Spread of SARS-CoV-2.

【感染拡大防止のための地域社会でのマスク使用について】

Background:

SARS-CoV-2感染は,咳,くしゃみ,歌,会話,呼吸に発生する呼吸飛沫によって主に感染する.CDCは,SARS-CoV-2感染伝播を防ぐために,地域社会でのマスク,特に呼気弁のない多層構造の布マスクの使用を推奨している.主としてマスクはウイルスを含んだ飛沫の放出を低減することを目的としている(感染源の制御).これは特に,自分の症状に気づかない無症状あるいは前症状感染者がマスクを着用することに関連する(そしてこのような感染伝播は50%以上と推定されている)1)2). またマスク着用者がこれらの飛沫の吸入を減らすのにも役立つ(個人防御のためのろ過).SARS-CoV-2対策のためのマスクの地域社会での効果は,これらの効果の組み合わせによるものであり,マスクを一貫して正しく使用する人の数が増えれば増えるほど,個人の予防効果は高まる.

Source Control to Block Exhaled Virus:

多層構造の布マスク(cloth mask)は,呼気による呼吸粒子の環境への放出3)6)と,それらの粒子が運ぶ病原体を遮断する7)8).布マスクは,ほとんどの大きな飛沫(2030ミクロン以上)を効果的に遮断するだけでなく9)10ミクロン以下の微細な飛沫や粒子(エアロゾルとも呼ばれる)の呼気も遮断することができる3)5); これらは発声の音量や特定の音韻で増加する13).多層構造の布マスクは,これらの微細な飛沫や粒子を最大5070%ブロックすることができる3)14).そして捕捉できないこれらの粒子の前方への拡散を制限する5)6)15)16).すべての呼吸飛沫の遮断を測定したヒトの実験では,80%以上の遮断が示されており4),いくつかの研究では,発生源の制御としてサージカルマスクと同等の性能を持つ布マスクを使用している3)9)14)

Filtration for Personal Protection:

布マスク素材は,微細な飛沫や10ミクロン未満の粒子のろ過によって,着用者における感染性飛沫の曝露を減少させることも実証されている.様々なマスクの相対的なろ過効果は,実験デザインや分析された粒子径の違いによるところが大きく,研究によって大きく異なっている.数多く編み込まれた多層構造の布マスクは,単層構造のマスクよりも優れた性能を示しており,場合によっては1ミクロン未満の微粒子を50%近くろ過することもある14)17)-29).ポリエチレンといったいくつかの素材は,帯電によって粒子の捕捉を強化する摩擦帯電triboelectric(静電気の一形態)を発生させるため,フィルタリングの有効性を高めることができる18)30).一方,他の素材(シルクなど)は湿った飛沫をはじくのに役立つかもしれないし31),生地の濡れを軽減し,通気性と快適性を保つことがでる.

 

Human Studies of Masking and SARS-CoV-2 Transmission:

コミュニティマスキングの「現実世界」における有効性に関するデータは,観察研究や疫学研究に限られている.

●症状のある美容師2人が8日間,顧客139人と平均15分間の曝露レベルが高い接触があった事例では,インタビューと検査に同意した顧客67人のうち,感染を認めた顧客はいなかった.美容師とすべての顧客は,当時の地域の条例や会社の方針で指示されていたように,サロン内ではマスクを着用していた32)

SARS-CoV-2感染確定症例が1人以上認められた北京の124世帯を対象とした研究では,

指標患者が症状を発症する前に,指標患者とその家族がマスク着用することで,家庭内の二次感染を79%減少させた33)

●タイで行われた後ろ向き症例対照研究では,接触追跡調査でインタビューされた1,000人以上において高リスク曝露の際に常にマスクを着用していた人は,このような状況下でマスクを着用していなかった人と比較して,感染リスクが70%以上減少したことが報告されている34)

●人が集まり,密接な作業環境が特徴的なUSSセオドア・ルーズベルトの船内で発生したアウトブレイクでは,船内でのフェイスカバーの使用はリスクを70%低減させることに関連していることが明らかになった35)

10時間を超えるフライトで感染した乗客を対象とした調査では,マスクをすることで機内感染伝播が防止されたことが強く示唆されており,曝露後14日間において他の乗客や乗務員への感染がなかったことが実証されている36)37)

 

統一病院システム(unified hospital38),ドイツの都市39),米国の州40),米国の15州とワシントンD.C.41)42),カナダ43),米国44),さらには全国的にもユニバーサルマスキングの有効性が確認されている.いずれの分析でも,組織的・政治的指導者によるユニバーサルマスキングの指示に従って,新規感染が大幅に減少したことが示されている.また,これらの2つの研究42)44),そして米国を含む200カ国のデータの追加分析45)でも死亡率の減少が実証されている.米国のデータを用いた経済分析では,これらの効果を考慮すると,ユニバーサルマスクキングを15%増やすことで,ロックダウンの必要性がなくなり,それに伴う損失を最大1兆ドル(国内総生産の約5%)まで削減できることがわかった.

Conclusions:

実験および疫学的データはSARS-CoV-2拡散を減らすためのコミュニティマスキングを支持している.マスクの予防効果は,マスク着用者にとって,感染源制御および個人防御の役割を果たす.これらの関係は補完的でもあり,おそらくは相乗効果がある14)

そのため、コミュニティでのマスク使用が増えると,個人の利益が増すことになる.布マスクの防御効果のための証拠を蓄積し,特にその遮断効果とフィルタリング効果だけでなく,フィッティング,快適性,耐久性,および消費者へのアピールを最大化する素材の組み合わせを決定するために,さらなる研究が必要である.ユニバーサルマスキング政策は,特に、ソーシャルディスタンス,手指衛生,そして適切な換気といった公衆衛生対策と組み合わせた場合,将来のロックダウンを回避するのに役立つだろう.

 

References

1) Moghadas SM, Fitzpatrick MC, Sah P, et al. The implications of silent transmission for the control of COVID-19 outbreaks. Proc Natl Acad Sci U S A. 2020;117(30):17513-17515.10.1073/pnas.2008373117.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32632012

2) Johansson MA, Quandelacy TM, Kada S, et al. Controlling COVID-19 requires preventing SARS-CoV-2 transmission from people without symptoms. submitted. 2020.

3) Lindsley WG, Blachere FM, Law BF, Beezhold DH, Noti JD. Efficacy of face masks, neck gaiters and face shields for reducing the expulsion of simulated cough-generated aerosols. medRxiv. 2020.

4) Fischer EP, Fischer MC, Grass D, Henrion I, Warren WS, Westman E. Low-cost measurement of face mask efficacy for filtering expelled droplets during speech. Sci Adv. 2020;6(36).10.1126/sciadv.abd3083.

5) Verma S, Dhanak M, Frankenfield J. Visualizing the effectiveness of face masks in obstructing respiratory jets. Phys Fluids (1994). 2020;32(6):061708.10.1063/5.0016018.

6) Bahl P, Bhattacharjee S, de Silva C, Chughtai AA, Doolan C, MacIntyre CR. Face coverings and mask to minimise droplet dispersion and aerosolisation: a video case study. Thorax. 2020;75(11):1024-1025.10.1136/thoraxjnl-2020-215748.

7) Davies A, Thompson KA, Giri K, Kafatos G, Walker J, Bennett A. Testing the efficacy of homemade masks: would they protect in an influenza pandemic? Disaster Med Public Health Prep. 2013;7(4):413-418.10.1017/dmp.2013.43.

8) Leung NHL, Chu DKW, Shiu EYC, et al. Respiratory virus shedding in exhaled breath and efficacy of face masks. Nature Medicine. 2020;26(5):676-680.

9) Bandiera L., Pavar G., Pisetta G., et al. Face coverings and respiratory tract droplet dispersion. medRxiv. 2020.10.1101/2020.08.11.20145086.

10) Alsved M, Matamis A, Bohlin R, et al. Exhaled respiratory particles during singing and talking. Aerosol Sci Technol. 2020.10.1080/02786826.2020.1812502.

11) Asadi S, Wexler AS, Cappa CD, Barreda S, Bouvier NM, Ristenpart WD. Aerosol emission and superemission during human speech increase with voice loudness. Sci Rep. 2019;9(1):2348.10.1038/s41598-019-38808-z.

12) Morawska L., Johnson GR, Ristovski ZD, et al. Size distribution and sites of origin of droplets expelled from the human respiratory tract during expiratory activities. Aerosol Sci. 2009;40(3):256-269.

13) Abkarian M, Mendez S, Xue N, Yang F, Stone HA. Speech can produce jet-like transport relevant to asymptomatic spreading of virus. Proc Natl Acad Sci U S A. 2020;117(41):25237-25245.10.1073/pnas.2012156117.

14) Ueki H, Furusawa Y, Iwatsuki-Horimoto K, et al. Effectiveness of Face Masks in Preventing Airborne Transmission of SARS-CoV-2. mSphere. 2020;5(5).10.1128/mSphere.00637-20.

15) Rodriguez-Palacios A, Cominelli F, Basson AR, Pizarro TT, Ilic S. Textile Masks and Surface Covers-A Spray Simulation Method and a “Universal Droplet Reduction Model” Against Respiratory Pandemics. Front Med (Lausanne). 2020;7:260.10.3389/fmed.2020.00260.

16) Viola I.M., Peterson B., Pisetta G., et al. Face coverings, aerosol dispersion and mitigation of virus transmission risk. 2020.

17) Rengasamy S, Eimer B, Shaffer RE. Simple respiratory protection–evaluation of the filtration performance of cloth masks and common fabric materials against 20-1000 nm size particles. Ann Occup Hyg. 2010;54(7):789-798.10.1093/annhyg/meq044.

18) Konda A, Prakash A, Moss GA, Schmoldt M, Grant GD, Guha S. Aerosol Filtration Efficiency of Common Fabrics Used in Respiratory Cloth Masks. ACS Nano. 2020;14(5):6339-6347.10.1021/acsnano.0c03252.

19) Long KD, Woodburn EV, Berg IC, Chen V, Scott WS. Measurement of filtration efficiencies of healthcare and consumer materials using modified respirator fit tester setup. PLoS One. 2020;15(10):e0240499.10.1371/journal.pone.0240499.

20) O’Kelly E, Pirog S, Ward J, Clarkson PJ. Ability of fabric face mask materials to filter ultrafine particles at coughing velocity. BMJ Open. 2020;10(9):e039424.10.1136/bmjopen-2020-039424.

21) Aydin O, Emon B, Cheng S, Hong L, Chamorro LP, Saif MTA. Performance of fabrics for home-made masks against the spread of COVID-19 through droplets: A quantitative mechanistic study. Extreme Mech Lett. 2020;40:100924.10.1016/j.eml.2020.100924.

22) Bhattacharjee S, Bahl P, Chughtai AA, MacIntyre CR. Last-resort strategies during mask shortages: optimal design features of cloth masks and decontamination of disposable masks during the COVID-19 pandemic. BMJ Open Respir Res. 2020;7(1).10.1136/bmjresp-2020-000698.

23) Maurer L, Peris D, Kerl J, Guenther F, Koehler D, Dellweg D. Community Masks During the SARS-CoV-2 Pandemic: Filtration Efficacy and Air Resistance. J Aerosol Med Pulm Drug Deliv. 2020.10.1089/jamp.2020.1635.

24) Hill WC, Hull MS, MacCuspie RI. Testing of Commercial Masks and Respirators and Cotton Mask Insert Materials using SARS-CoV-2 Virion-Sized Particulates: Comparison of Ideal Aerosol Filtration Efficiency versus Fitted Filtration Efficiency. Nano Lett. 2020;20(10):7642-7647.10.1021/acs.nanolett.0c03182.

25) Whiley H, Keerthirathne TP, Nisar MA, White MAF, Ross KE. Viral Filtration Efficiency of Fabric Masks Compared with Surgical and N95 Masks. Pathogens. 2020;9(9).10.3390/pathogens9090762.

26) Hao W, Parasch A, Williams S, et al. Filtration performances of non-medical materials as candidates for manufacturing facemasks and respirators. Int J Hyg Environ Health. 2020;229:113582.10.1016/j.ijheh.2020.113582.

27) van der Sande M, Teunis P, Sabel R. Professional and home-made face masks reduce exposure to respiratory infections among the general population. PLoS One. 2008;3(7):e2618.10.1371/journal.pone.0002618.

28) Chu DK, Akl EA, Duda S, et al. Physical distancing, face masks, and eye protection to prevent person-to-person transmission of SARS-CoV-2 and COVID-19: a systematic review and meta-analysis. Lancet. 2020.10.1016/S0140-6736(20)31142-9.

29) Clase CM, Fu EL, Ashur A, et al. Forgotten Technology in the COVID-19 Pandemic: Filtration Properties of Cloth and Cloth Masks-A Narrative Review. Mayo Clin Proc. 2020;95(10):2204-2224.10.1016/j.mayocp.2020.07.020.

30) Zhao M, Liao L, Xiao W, et al. Household Materials Selection for Homemade Cloth Face Coverings and Their Filtration Efficiency Enhancement with Triboelectric Charging. Nano Lett. 2020;20(7):5544-5552.10.1021/acs.nanolett.0c02211.

31) Parlin AF, Stratton SM, Culley TM, Guerra PA. A laboratory-based study examining the properties of silk fabric to evaluate its potential as a protective barrier for personal protective equipment and as a functional material for face coverings during the COVID-19 pandemic. PLoS One. 2020;15(9):e0239531.10.1371/journal.pone.0239531.

32) Hendrix MJ, Walde C, Findley K, Trotman R. Absence of Apparent Transmission of SARS-CoV-2 from Two Stylists After Exposure at a Hair Salon with a Universal Face Covering Policy – Springfield, Missouri, May 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2020;69(28):930-932.10.15585/mmwr.mm6928e2.

33) Wang Y, Tian H, Zhang L, et al. Reduction of secondary transmission of SARS-CoV-2 in households by face mask use, disinfection and social distancing: a cohort study in Beijing, China. BMJ Glob Health. 2020;5(5).10.1136/bmjgh-2020-002794.

34) Doung-Ngern P, Suphanchaimat R, Panjangampatthana A, et al. Case-Control Study of Use of Personal Protective Measures and Risk for Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2 Infection, Thailand. Emerg Infect Dis. 2020;26(11).10.3201/eid2611.203003.

35) Payne DC, Smith-Jeffcoat SE, Nowak G, et al. SARS-CoV-2 Infections and Serologic Responses from a Sample of U.S. Navy Service Members – USS Theodore Roosevelt, April 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2020;69(23):714-721.10.15585/mmwr.mm6923e4.

36) Schwartz KL, Murti M, Finkelstein M, et al. Lack of COVID-19 transmission on an international flight. Cmaj. 2020;192(15):E410.10.1503/cmaj.75015.

37) Freedman DO, Wilder-Smith A. In-flight Transmission of SARS-CoV-2: a review of the attack rates and available data on the efficacy of face masks. J Travel Med. 2020.10.1093/jtm/taaa178.

38) Wang X, Ferro EG, Zhou G, Hashimoto D, Bhatt DL. Association Between Universal Masking in a Health Care System and SARS-CoV-2 Positivity Among Health Care Workers. JAMA. 2020.10.1001/jama.2020.12897.

39) Mitze T., Kosfeld R., Rode J., Wälde K. Face Masks Considerably Reduce COVID-19 Cases in Germany: A Synthetic Control Method Approach. IZA – Institute of Labor Economics (Germany);2020.ISSN: 2365-9793, DP No. 13319.

40) Gallaway MS, Rigler J, Robinson S, et al. Trends in COVID-19 Incidence After Implementation of Mitigation Measures – Arizona, January 22-August 7, 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2020;69(40):1460-1463.10.15585/mmwr.mm6940e3.

41) Lyu W, Wehby GL. Community Use Of Face Masks And COVID-19: Evidence From A Natural Experiment Of State Mandates In The US. Health Aff (Millwood). 2020;39(8):1419-1425.10.1377/hlthaff.2020.00818.

42) Hatzius J, Struyven D, Rosenberg I. Face Masks and GDP. Goldman Sachs Research

43) Karaivanov A., Lu S.E., Shigeoka H., Chen C., Pamplona S. Face Masks, Public Policies And Slowing The Spread Of Covid-19: Evidence from Canada National Bureau Of Economic Research 2020.Working Paper 27891.

44) Chernozhukov V, Kasahara H, Schrimpf P. Causal Impact of Masks, Policies, Behavior on Early Covid-19 Pandemic in the U.S. medRxiv. 2020.10.1101/2020.05.27.20115139.

45) Leffler CT, Ing EB, Lykins JD, Hogan MC, McKeown CA, Grzybowski A. Association of country-wide coronavirus mortality with demographics, testing, lockdowns, and public wearing of masks (updated August 4, 2020). medRxiv. 2020.10.1101/2020.05.22.20109231.

 

 

 

 

【マスク義務化の有無による,郡レベルのCOVID-19発生率の傾向】

Van Dyke ME, Rogers TM, Pevzner E, et al. Trends in County-Level COVID-19 Incidence in Counties With and Without a Mask Mandate — Kansas, June 1–August 23, 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. ePub: 20 November 2020.

http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6947e2

The figure shows the decrease and increase in COVID-19 cases in Kansas counties with and without a mask mandate.

Summary

マスクの着用は,咳,くしゃみ,発声によって空気中に広がる呼吸器飛沫を減らし,着用者がこれらの飛沫を吸い込むことを減らすことによって,COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2の感染拡大を抑制するCDC推奨のアプローチである.202072日,カンザス州知事は,73日発効の執行命令(州の義務)を発令し,公共の場でのマスクまたはその他のフェイスカバーを義務づけた.CDCとカンザス州保健環境局は,最終的にマスク義務化を実施した郡と実施していない郡において,知事の執行命令の実施前(61日〜72日)と実施後(73日〜823日)の郡レベルのCOVID-19発生率の傾向を分析した.811日時点で,カンザス州の105郡のうち24郡が州の義務を脱退していないか,または州の義務が発令される直前または発令後に短期間独自のマスク義務化を採用していた; 州法で認められているように,そのうち 81郡は州の義務を脱退し,独自のマスク義務化を採用しなかった.州知事の執行命令後,COVID-19の発生率(人口10万人当たりの1日の新規症例の7日移動平均数として計算)は,マスク義務化された郡(義務化された郡)では減少したが(10万人当たりの1日平均0.08症例の減少; 6%の純減少)マスク義務がない郡(非義務化された郡)では増加(10万人当たりの1日平均0.11症例の増加; 100%の純増加)が続いた(continued to increase.マスク着用義務のある郡では症例数が減少し,義務のない郡では症例数が増加し続けていることから,SARS-CoV-2感染拡大を緩和するためにマスク着用とそれを義務付ける政策の重要性を裏付ける証拠が得られた1)-6).マスクの着用,フィジカルディスタンスの維持,調子が悪い時のステイホーム,衛生習慣の向上といった地域レベルの緩和戦略は,SARS-CoV-2感染伝播を減少させるのに役立つであろう.

Main

811日時点で,カンザス州の24郡(23%)でマスク義務化が行われており,81郡では義務化されていなかった.義務化された郡はカンザス州の人口の3分の21,960,703人,67.3%)を占めており,群衆する傾向があったが,州内に分散していた.義務化された郡のうち6郡(25%)と義務化されていない郡のうち13郡(54%)は都市圏であった.義務化された13郡(54%)と義務化されていない7郡(7%)では,マスクの使用とは関係のない少なくとも1つの公衆衛生緩和戦略(集会の規模の制限やレストランの占有率の制限など)が実施されていた.202061日〜7日において,最終的にマスク着用を義務づけた郡での1日のCOVID-19の発生率の7日移動平均数は10万人当たり3症例,義務づけていない郡では10万人当たり4症例であった(Tableマスクを義務付ける知事の執行命令が出された週(73日〜9日)までに,COVID-19の発生率は,マスク義務化された郡では10万人当たり17症例と467%増加し,義務化されていない郡では10万人当たり6人と50%増加していたマスクを義務付ける知事の執行命令が出された週(73日〜9日)までに,COVID-19の発生率は,マスク義務化された郡では10万人当たり17症例と467%増加し,義務化されていない郡では10万人当たり6人と50%増加していた2020817日〜23日までの7日移動平均COVID-19の発生率は,義務化された郡では6%減少して10万人当たり16症例となり,義務化されていない郡では100%増加して10万人当たり12症例となった

Table:

 

セグメント化された回帰を用いた傾向解析(Figure)によると,最終的にマスク義務化が行われた郡(平均増加= 10万人当たり0.25症例/; 95%CI= 0.17-0.33),義務化されなかった郡(平均増加= 10万人当たり0.08症例/; 95%CI= 0.01-0.14)において,202061日〜72日における7日移動平均COVID-19発生率は日ごとに増加していた知事の執行命令後,COVID-19の発生率は,義務化された郡では日ごとに減少した(平均減少= 10万人当たり0.08症例/; 95%CI= 0.14-0.03一方,義務化されていない郡では,発生率は日ごとに増加し続けた(平均増加= 10万人当たり0.11症例/; 95%CI= 0.01-0.21

Figure: Trends in 7-day rolling average of new daily COVID-19 cases per 100,000 population among mask-mandated† and non–mask-mandated counties before (June 1–July 2) and after (July 3–August 23) the governor’s executive order requiring masks — Kansas, June 1–August 23, 2020.

The figure is a chart showing trends during June 1–August 23, 2020, in the 7-day rolling average of new daily COVID-19 cases per 100,000 population among mask-mandated and non–mask-mandated counties before (June 1–July 2) and after (July 3–August 23) the Kansas governor’s executive order requiring masks.

 

Discussion

カンザス州の24郡でマスク義務化が実施された後,COVID-19の発生率の増加傾向は逆転した.行政命令により,マスク義務化された郡の発生率は義務化されていない郡よりもかなり高かったが,73日以降,義務化された郡の発生率は義務化されていない郡の発生率と比較して著しく低下した.カンザス州では,マスク義務化が行われた郡ではCOVID-19感染伝播が緩和されたように見えるが,マスク義務化が行われていない郡では引き続き症例数が増加している.

この結果は,マスクを義務づけた15の州とコロンビア特別区で観察されたCOVID-19症例数の減少と,マスクを義務づけていない州で観察されたCOVID-19症例数の減少とは一致している7).アリゾナ州では,マスク義務化はアプローチの一環として実施され,COVID-19発生率は安定し,マスク義務化,公共イベントの制限,衛生習慣の強化,特定のサービスや企業の閉鎖など,自発的で強制力のあるコミュニティレベルの緩和戦略を組み合わせて実施した後に減少した8).カンザス州のマスク義務化された郡のCOVID-19の発生率の減少は,8月中旬に再開された学校の緩和戦略に焦点を当てた他の州の義務化が発表された唯一の時期に発生した.義務化された24の郡のうち少なくとも 13 の郡(54%)では,マスク義務化が他の郡レベルの推奨または義務化された緩和戦略(集会の規模の制限やレストランの占有率の制限)と並行して実施されており,地域社会の緩和戦略を組み合わせることで相乗効果が得られる可能性があることがわかった.しかし,感度解析では,73日以降の COVID-19 の発生率は,他の緩和戦略の有無にかかわらず,義務化された郡で同様の減少が観察された.したがって,複数の緩和戦略を組み合わせて実施することが推奨されるが,マスク使用義務化に関連した戦略が重要であるように思われる.

Limitation: @郡全体のマスク義務化が、義務化された郡で観察されたCOVID-19発生率の減少をどの程度占めているかを判断するには限界がある.Aこの解析ではマスク義務化されていない郡の6都市のマスク条例を考慮していない.B本研究のデザインは,郡に関連する一定の特性による交絡の可能性を制限するが,この所見は73日前後の郡内で時間的に変動する要因(例えば,移動パターン,他のコミュニティレベルの緩和戦略の変化,検査アクセス)がないことを条件としている.それにもかかわらず,研究期間中にカンザス州の郡の検査データを調査した追加分析では,検査率は時間の経過とともに全体的に増加することが観察された.したがって,この期間に検査が増加したにもかかわらず,73日以降に検査を義務づけられた郡ではCOVID-19の発生率の減少が観察された.C マスクを義務づけられたカンザス州の郡は,他の米国の郡を代表するものではないかもしれない.しかし,この結果は,マスクの義務化がCOVID-19症例の減少と関連しているという他の州での観察結果と一致している7)

マスクはSARS-CoV-2感染伝播を軽減するための重要な介入であり1)-6)郡全体でのマスク義務化はカンザス州の郡ではCOVID-19感染拡大の軽減に寄与しているように思われる

 

References

1) Brooks JT, Butler JC, Redfield RR. Universal masking to prevent SARS-CoV-2 transmission–the time is now. JAMA 2020;324:635–7.

2) Hendrix MJ, Walde C, Findley K, Trotman R. Absence of apparent transmission of SARS-CoV-2 from two stylists after exposure at a hair salon with a universal face covering policy—Springfield, Missouri, May 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:930–2.

3) Wang X, Ferro EG, Zhou G, Hashimoto D, Bhatt DL. Association between universal masking in a health care system and SARS-CoV-2 positivity among health care workers. JAMA 2020;324:703–4.

4) Chu DK, Akl EA, Duda S, et al.; COVID-19 Systematic Urgent Review Group Effort (SURGE) study authors. Physical distancing, face masks, and eye protection to prevent person-to-person transmission of SARS-CoV-2 and COVID-19: a systematic review and meta-analysis. Lancet 2020;395:1973–87.

5) Lerner AM, Folkers GK, Fauci AS. Preventing the spread of SARS-CoV-2 with masks and other “low-tech” interventions. JAMA 2020;324:1935–6.

6) Kanu FA, Smith EE, Offutt-Powell T, Hong R, Dinh TH, Pevzner E; Delaware Case Investigation and Contact Tracing Teams. Declines in SARS-CoV-2 transmission, hospitalizations, and mortality after implementation of mitigation measures—Delaware, March–June 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:1691–4.

7) Lyu W, Wehby GL. Community use of face masks and COVID-19: evidence from a natural experiment of state mandates in the US. Health Aff (Millwood) 2020;39:1419–25.

8) Gallaway MS, Rigler J, Robinson S, et al. Trends in COVID-19 incidence after implementation of mitigation measures—Arizona, January 22–August 7, 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:1460–3.