COVID-19関連追加(2021412-2

ファビピラビルの抗ウイルス活性について

当院関連ファイル:

2020415-2

2020925

【抗インフルエンザウイルス薬であるファビピラビルは,

培養細胞におけるSARS-CoV-2の複製にほとんど影響を与えない(NIIDからの報告)】

Tomita Y, Takeda M, Matsuyama S. The anti-influenza virus drug favipiravir has little effect on replication of SARS-CoV-2 in cultured cells. Antimicrobial Agents and Chemotherapy (AAC). Mar 1, 2021.

https://doi.org/10.1128/AAC.00020-21.

インフルエンザウイルス感染症の治療薬として開発されたファビピラビル(T-705, 商品名「アビガン」)は,COVID-19の経口治療薬として一部の国で使用されている; しかし,この状況下での臨床効果については議論の余地がある.過去の研究で報告されたファビピラビルの抗SARS-CoV-2効果には一貫性がない.例えば,本誌で報告されたJeonらの研究結果(1)や他の報告(2)では,培養細胞においてファビピラビル(500μM)がSARS-CoV-2に対して取るに足らない(negligible)効果しか示さないことが観察されているが,一方で他の2つの研究(3)(4)では,EC5061.88207.1μMで弱い効果が示されている.これらの相違は,使用したアッセイプロトコルの違いによる可能性がある.

ここでは,我々は,VeroE6細胞におけるSARS-CoV-2とインフルエンザウイルスの複製に対するファビピラビルの効果をプラークアッセイ(5)により培地中の増殖ウイルス量を定量化することで比較した.ファビピラビルは,濃度依存的にインフルエンザウイルスの増殖を阻止した; しかし,実際SARS-CoV-2の増殖を促進したFigure 1Aファビピラビルは,SARS-CoV-2SARS-CoV-1MERS-CoVを感染させたVeroE6細胞の培養培地におけるウイルスRNA複製を有意に促進したFigure 1Bさらに,20500μMのファビピラビルは,気液界面(ALI: air-liquid interface)で培養した分化初代ヒト気管支上皮細胞(HBTE/ALI細胞)において,SARS-CoV-2RNA複製をわずかではあるが有意に促進したFigure 1Cファビピラビルは,細胞内でファビピラビル-リボフラノシル-5'-三リン酸(favipiravir-ribofuranosyl-5’-triphosphate)に変換され,細胞内のヌクレオシドヌクレオチド代謝に影響を与え,ウイルスの複製に影響を与える可能性がある

ハムスターを用いた最近の研究では、SARS-CoV-2の複製を抑制するのに必要なファビピラビルの有効量は1.0g/kg体重の腹腔内注射であることが示された(6).別のグループのデータによると,約1.0g/kg体重のファビピラビルを腹腔内注射されたハムスターは体重が20%減少したという(7).このような高用量をヒトに使用することは現実的ではないかもしれない; しかし,エボラ出血熱の患者を対象とした臨床試験では,ファビピラビルの高い血漿トラフ濃度が報告されている.その試験では,ファビピラビルを6g/日または2.4g/日の用量で経口投与した後に観察された血漿中トラフ濃度は中央値46.1μg/mL293μM)であった(8)しかしながら,我々は,この濃度では全く効果がなく、むしろ上述のように逆効果であることがわかった.最近,製薬会社によって,COVID-19の症状が,プラセボ投与群では14.7日後の改善であったのに対し,ファビピラビル投与群では11.9日後に改善したという自社臨床試験の結果を報告された(9)これまでのところ,我々は,ファビピラビル投与後に臨床症状が改善することの科学的根拠を示すことはできない

上記のデータにかかわらず,ファビピラビルの妊娠中の女性への投与については,催奇形性の副作用が知られているため禁忌とされていることを認識しなければならない(10)

COVID-19パンデミックが社会にもたらしたプレッシャーは、「奇跡の薬」を期待するあまり,誤った判断をしてしまうことを意味している医薬品の承認は,常に科学的根拠に基づいて行われることが求められている

The pressures brought to bear on societies by the COVID-19 pandemic mean that we may make poor judgments in the hope of identifying a “wonder” drug. Thus, we implore that drug approval is always handled in a manner based on scientific evidence.

 

 

Figure1: 薬剤溶媒の影響を最小限にするため,400mMファビピラビル(23384, Cayman Chemical社)をジメチルスルホキシド(DMSO)でストック溶液として調製し,使用前に培地で400倍以上に希釈した.A) 96-ウェルプレートに播種したVeroE6細胞に,DMSOまたはファビピラビルの存在下で,SARS-CoV-2WK-521株)またはA型インフルエンザウイルス(PR8株)をMOImultiplicity of infection: 感染多重度)0.1で感染させた.インフルエンザウイルスとSARS-CoV-2を感染させるために,1μg/mLのトリプシンを培地に添加した.2日間培養した後,培養培地を回収し,VeroE6TMPRSS2細胞(5)またはMDCK細胞を用いたプラークアッセイにより,SARS-CoV-2またはインフルエンザウイルスのウイルス力価をそれぞれ測定した.データは3回の独立した実験の平均値を示す(n= 3).ウイルス非存在下での平均的な細胞死をWSTアッセイで測定した(n= 4).B) VeroE6細胞に,DMSOまたはファビピラビル(8μM)の存在下で,SARS-CoV-2WK-521株),SARS-CoV-1(フランクフルト株),またはMERS-CoVEMC株)をMOI 0.1で感染させ,2日間培養した.培養培地にはトリプシンを加えなかった.培養培地からウイルスRNAを抽出し,SARS-2-ESARS-NMERS-upEのプライマープローブセットを用いたリアルタイムPCRで定量した(n= 4(11)(12)C) 分化したヒト気管支上皮細胞(HBTE/ALI細胞)に,DMSOまたはファビピラビルの存在下でSARS-CoV-2MOI 0.01で感染させた後,3日間培養した.細胞からウイルスRNAを抽出し,SARS-2-E primerprobe set(11)を用いたリアルタイムPCRで定量した.データは平均値±SDで示した(n= 4).統計的有意性の解析には,両側スチューデントのt検定を用いた.* DMSO対照と比較して,* = 有意(p≤0.05),** = 非常に有意(p≤0.01),** = 非常に有意(p≤0.001).

 

 

References

1) Jeon S, Ko M, Lee J, Choi I, Byun SY, Park S, Shum D, Kim S. 2020. Identification of antiviral drug candidates against SARS-CoV-2 from FDA-approved drugs. Antimicrob Agents Chemother 64:e00819-20

2) Ohashi H, Watashi K, Saso W, Shionoya K, Iwanami S, Hirokawa T, Shirai T, Kanaya S, Ito Y, Kim KS, Nishioka K, Ando S, Ejima K, Koizumi Y, Tanaka T, Aoki S, Kuramochi K, Suzuki T, Maenaka K, Matano T, Muramatsu M, Saijo M, Aihara K, Iwami S, Takeda M, McKeating J, Wakita T. 2020. Multidrug treatment with nelfinavir and cepharanthine against COVID-19. bioRxiv DOI:https://doi.org/10.1101/2020.04.14.039925.

3) Shannon A, Selisko B, Le NTT, Huchting J, Touret F, Piorkowski G, Fattorini V, Ferron F, Decroly E, Meier C, Coutard B, Peersen O, Canard B. 2020. Rapid incorporation of Favipiravir by the fast and permissive viral RNA polymerase complex results in SARS-CoV-2 lethal mutagenesis. Nat Commun 11:19

4) Wang M, Cao R, Zhang L, Yang X, Liu J, Xu M, Shi Z, Hu Z, Zhong W, Xiao G. 2020. Remdesivir and chloroquine effectively inhibit the recently emerged novel coronavirus (2019-nCoV) in vitro. Cell Res 30:269271.

5) Matsuyama S, Nao N, Shirato K, Kawase M, Saito S, Takayama I, Nagata N, Sekizuka T, Katoh H, Kato F, Sakata M, Tahara M, Kutsuna S, Ohmagari N, Kuroda M, Suzuki T, Kageyama T, Takeda M. 2020. Enhanced isolation of SARS-CoV-2 by TMPRSS2-expressing cells. Proc Natl Acad Sci USA 117:70017003.

6) Kaptein SJF, Jacobs S, Langendries L, Seldeslachts L, ter Horst S, Liesenborghs L, Hens B, Vergote V, Heylen E, Barthelemy K, Maas E, de Keyzer C, Bervoets L, Rymenants J, van Buyten T, Zhang X, Abdelnabi R, Pang J, Williams R, Thibaut HJ, Dallmeier K, Boudewijns R, Wouters J, Augustijns P, Verougstraete N, Cawthorne C, Breuer J, Solas C, Weynand B, Annaert P, Spriet I, Velde G Vande, Neyts J, Rocha-Pereira J, Delang L. 2020. Favipiravir at high doses has potent antiviral activity in SARS-CoV-2−infected hamsters, whereas hydroxychloroquine lacks activity. Proc Natl Acad Sci U S A 117:2695526965.

7) Driouich J-S, Cochin M, Lingas G, Moureau G, Touret F, Petit PR, Piorkowski G, Barthélémy K, Coutard B, Guedj J, de Lamballerie X, Solas C, Nougairède A. 2020. Favipiravir antiviral efficacy against SARS-CoV-2 in a hamster model. bioRxiv DOI:10.1101/2020.07.07.191775.

8) Nguyen THT, Guedj J, Anglaret X, Laouénan C, Madelain V, Taburet AM, Baize S, Sissoko D, Pastorino B, Rodallec A, Piorkowski G, Carazo S, Conde MN, Gala JL, Bore JA, Carbonnelle C, Jacquot F, Raoul H, Malvy D, de Lamballerie X, Mentré F. 2017. Favipiravir pharmacokinetics in Ebola-Infected patients of the JIKI trial reveals concentrations lower than targeted. PLoS Negl Trop Dis 11:118.

9) Anti-influenza drug Avigan Tablet Meets Primary Endpoint in Phase III Clinical Trial in Japan for COVID-19 patients. September 23, 2020. Sept 23, 2020

https://www.fujifilm.com/sg/en/news/hq/5451.

10) Hayden FG, Shindo N. 2019. Influenza virus polymerase inhibitors in clinical development. Curr Opin Infect Dis 32:176186.

11) Corman VM, Landt O, Kaiser M, Molenkamp R, Meijer A, Chu DK, Bleicker T, Brünink S, Schneider J, Schmidt ML, Mulders DG, Haagmans BL, van der Veer B, van den Brink S, Wijsman L, Goderski G, Romette JL, Ellis J, Zambon M, Peiris M, Goossens H, Reusken C, Koopmans MP, Drosten C. 2020. Detection of 2019 novel coronavirus (2019-nCoV) by real-time RT-PCR. Euro Surveill 25:18.

12) Matsuyama S, Kawase M, Nao N, Shirato K, Ujike M, Kamitani W, Shimojima M, Fukushi S. 2020. The Inhaled Steroid Ciclesonide Blocks SARS-CoV-2 RNA Replication by Targeting the Viral Replication-Transcription Complex in Cultured Cells. J Virol 95:114.