COVID-19関連追加(2021421日)

空気感染に関するEditionalsBMJ

Covid-19は空気媒介性伝播を再定義した】

Tang JW, Marr LC, et al. Covid-19 has redefined airborne transmission. BMJ. Apr 14, 2021.

https://doi.org/10.1136/bmj.n913.

Improving indoor ventilation and air quality will help us all to stay safe:

SARS-CoV-2のエアロゾル伝播の役割と重要性については,Covid-19のパンデミックから1年以上が経過した現在でも議論が続いており、一部の感染管理ガイドラインでは大まかに言及されているにすぎない12)

このような混乱は,前世紀に導入された伝統的な用語に起因している.この混乱は,前世紀に導入された伝統的な用語に起因している.この用語は,”飛沫”,”空気媒介性”,”飛沫核”伝播の定義が曖昧で,これらの粒子の物理的な挙動3)に関する誤解を招いている.基本的に,粒子を吸い込む可能性があるのなら−粒子の大きさや名前に関係なく−エアロゾルを吸い込んでいることになる.これは遠距離でも発生しうるが,近距離では人同士のエアロゾルがより濃厚になるのでより発生する可能性が高い(あたかも喫煙者が近くにいるように)4)

SARS-CoV-2に感染した人は,息を吐くときにウイルスを含んだ多くの小さな呼吸器粒子を発生させる.これらの粒子の一部は,典型的な会話が可能である”近距離(1m未満)”にいる人がほとんど吸い込むが,残りの粒子はより長い距離で拡散し,さらに遠く(2mを超える)にいる人が吸い込む.従来の考え方では,近距離の大きな粒子を”飛沫”,遠距離の小さな粒子を”飛沫核”と呼んでいるが,空気中から直接吸い込む可能性があるので,これらはすべてエアロゾルである5)

なぜそれが問題になるのか?現在の感染管理目標では,ほとんどの場合,問題にされない.マスクの着用,距離の取り方,屋内占有数を減らすことで,表面や飛沫に直接触れても,あるいはエアロゾルを吸い込んでも,通常の伝播経路は遮断される.しかし,決定的に違うのは,ごく小さな懸濁した粒子が何時間も空気中に浮遊し続ける(remain airborne)可能性があり重要な伝播経路となるため,換気に力を入れる必要があることである.

屋内環境では,感染源から2m以上離れていても−たとえ感染源となる人が去った後でも−感染を引き起こすのに十分な量のウイルスを吸い込む可能性があることを考えると,空気交換やや空気清浄の仕組みがより重要になる6)7).これは,WHOが最近発表したように8),窓を開ける,または暖房・換気・空調システムを設置・改良することを意味する.窓を開けられない部屋や換気設備のない部屋では,感染する可能性がより高くなる.

空気媒介性拡散についての次の重要なポイントとして,エアロゾル吸入を効果的に防ぐためには,マスクの質が重要である.マスクは通常,大きな飛沫が顔の覆われた部分に到達するのを妨ぐ.そしてほとんどの場合,エアロゾル吸入に対して少なくとも部分的には効果があるとされている.しかし,空気中に浮遊する微小粒子は,マスクと顔の間の隙間に入り込む可能性があるので,エアロゾルに対する保護を強化するためには,高いろ過効率と優れた装着性が必要となる9)10)

もし,ウイルスが呼気から1m以内の地面に落ちる大きな粒子(飛沫)によってのみ伝播するのであれば,マスクのフィットはそれほど問題にはならないだろう.現状では,サージカルマスクを着用している医療従事者は,エアロゾル発生手技に関与しなくても感染している11)12)13)SARS-CoV-2の空気媒介性拡散が完全に認識するために,我々はエアロゾルを発生させる活動に対する理解をさらに深める必要がある.エアロゾル科学者は,会話や呼吸もエアロゾルを発生させる行為であることを明らかにしている14)15)16)

SARS-CoV-2の伝播経路は,ほとんどが吸入を介しての近距離の人同士に起こることが明らかになっている.表面との接触による伝播や,より長距離の空気媒介性伝播が起こらないというわけではないが,これらの伝播経路は,通常生活における1mの短い会話距離ではあまり重要ではない.近距離では,ウイルスが大きな飛沫となって空中を飛び,目や鼻孔,唇に付着するよりも,吸い込むことでウイルスに曝露する可能性の方がはるかに高い17).現在では,表面を触れることによってSARS-CoV-2が伝播することは,相対的に最小限(relatively minimal)であると考えられている18)19)20)

換気の向上によって屋内の空気環境が改善されれば,他の呼吸器ウイルスによる疾患の減少や,アレルギーやシックハウス症候群などの環境関連疾患の減少など,他のメリットも期待できる21)22).生産性に悪影響を及ぼす欠勤が減れば,企業のコストを大幅に削減することができ23),換気システムのアップグレードにかかる費用を相殺することができる.空気清浄やろ過技術を含む最新のシステムは,ますます効率的になっている24)

Covid-19は今後,季節性になる可能性があり,我々はインフルエンザと同じように対処していかなければならないだろう25).政府や保健機関のリーダーは,科学的知見に基づき,空気媒介性伝播に焦点を当てるべきである.ワクチンを接種していない人やワクチンが効かない人を保護するだけでなく,ワクチン耐性を持つ変異株や,いつ現れるかわからない新たな空気媒介性伝播する病原体の脅威を抑止するためにも,より安全な屋内環境が必要である.特に医療機関,職場,教育機関などの屋内換気と空気の質を改善することで,現在も将来も我々全員が安全に過ごすことができるだろう.

 

 

References

1) World Health Organization. Transmission of SARS-CoV-2: implications for infection prevention precautions. 9 Jul 2020.

https://www.who.int/news-room/commentaries/detail/transmission-of-sars-cov-2-implications-for-infection-prevention-precautions

2) Centers for Disease Control and Prevention. How COVID-19 Spreads. Updated 28 Oct 2020.

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/how-covid-spreads.html

3) Tellier R, Li Y, Cowling BJ, Tang JW. Recognition of aerosol transmission of infectious agents: a commentary. BMC Infect Dis2019;19:101.

doi:10.1186/s12879-019-3707-y pmid:30704406

4) Tang JW, Bahnfleth WP, Bluyssen PM, et al. Dismantling myths on the airborne transmission of severe acute respiratory syndrome coronavirus-2 (SARS-CoV-2). J Hosp Infect2021;110:89-96.

doi:10.1016/j.jhin.2020.12.022 pmid:33453351

5) Morawska L, Milton DK. It is time to address airborne transmission of coronavirus disease 2019 (COVID-19). Clin Infect Dis2020;71:2311-3.

doi:10.1093/cid/ciaa939. pmid:32628269

6) Morawska L, Cao J. Airborne transmission of SARS-CoV-2: the world should face the reality. Environ Int2020;139:105730.

doi:10.1016/j.envint.2020.105730 pmid:32294574

7) Morawska L, Tang JW, Bahnfleth W, et al. How can airborne transmission of COVID-19 indoors be minimised?Environ Int2020;142:105832.

doi:10.1016/j.envint.2020.105832 pmid:32521345

8) World Health Organization. Roadmap to improve and ensure good indoor ventilation in the context of COVID-19. 2021.

https://www.who.int/publications/i/item/9789240021280

9) Fennelly KP. Particle sizes of infectious aerosols: implications for infection control. Lancet Respir Med2020;8:914-24.

doi:10.1016/S2213-2600(20)30323-4 pmid:32717211

10) Drewnick F, Pikmann J, Fachinger F, Moormann L, Sprang F, Borrmann S. Aerosol filtration efficiency of household materials for homemade face masks: influence of material properties, particle size, particle electrical charge, face velocity, and leaks. Aerosol Sci Technol2021;55:63-79.

doi:10.1080/02786826.2020.1817846

11) Nguyen LH, Drew DA, Graham MS, et al., Coronavirus Pandemic Epidemiology Consortium. Risk of COVID-19 among front-line health-care workers and the general community: a prospective cohort study. Lancet Public Health2020;5:e475-83.

doi:10.1016/S2468-2667(20)30164-X pmid:32745512

12) Klompas M, Baker MA, Rhee C, et al. A SARS-CoV-2 cluster in an acute care hospital. Ann Intern Med2021:M20-7567.

doi:10.7326/M20-7567. pmid:33556277

13) Goldberg L, Levinsky Y, Marcus N, et al. SARS-CoV-2 infection among health care workers despite the use of surgical masks and physical distancing-the role of airborne transmission. Open Forum Infect Dis2021;8:b036.

doi:10.1093/ofid/ofab036. pmid:33732749

14) Asadi S, Wexler AS, Cappa CD, Barreda S, Bouvier NM, Ristenpart WD. Aerosol emission and superemission during human speech increase with voice loudness. Sci Rep2019;9:2348.

doi:10.1038/s41598-019-38808-z pmid:30787335

15) Scheuch G. Breathing is enough: for the spread of influenza virus and SARS-CoV-2 by breathing only. J Aerosol Med Pulm Drug Deliv2020;33:230-4.

doi:10.1089/jamp.2020.1616 pmid:32552296

16) Stadnytskyi V, Bax CE, Bax A, Anfinrud P. The airborne lifetime of small speech droplets and their potential importance in SARS-CoV-2 transmission. Proc Natl Acad Sci U S A2020;117:11875-7.

doi:10.1073/pnas.2006874117 pmid:32404416

17) Chen W, Zhang N, Wei JJ, Yen HL, Li Y. Short-range airborne route dominates exposure of respiratory infection during close contact. Build Environ2020;176:106859.

doi:10.1016/j.buildenv.2020.106859

18) Goldman E. Exaggerated risk of transmission of COVID-19 by fomites. Lancet Infect Dis2020;20:892-3.

doi:10.1016/S1473-3099(20)30561-2 pmid:32628907

19) Haug N, Geyrhofer L, Londei A, et al. Ranking the effectiveness of worldwide COVID-19 government interventions. Nat Hum Behav2020;4:1303-12.

doi:10.1038/s41562-020-01009-0 pmid:33199859

20) Scientific Advisory Group for Emergencies (SAGE). What is the evidence for the effectiveness of hand hygiene in preventing the transmission of respiratory viruses?

https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/897598/S0574_NERVTAG-EMG_paper_-_hand_hygiene_010720_Redacted.pdf

21) Laumbach RJ, Kipen HM. Bioaerosols and sick building syndrome: particles, inflammation, and allergy. Curr Opin Allergy Clin Immunol2005;5:135-9.

doi:10.1097/01.all.0000162305.05105.d0 pmid:15764903

22) Sundell J, Levin H, Nazaroff WW, et al. Ventilation rates and health: multidisciplinary review of the scientific literature. Indoor Air2011;21:191-204.

doi:10.1111/j.1600-0668.2010.00703.x pmid:21204989

23) Bramley TJ, Lerner D, Sames M. Productivity losses related to the common cold. J Occup Environ Med2002;44:822-9.

doi:10.1097/00043764-200209000-00004 pmid:12227674

24) Song Y, Wu S, Yan YY. Control strategies for indoor environment quality and energy efficiency—a review. Int J Low Carbon Technol2015;10:305-12. doi:10.1093/ijlct/ctt051

25) Murray CJL, Piot P. The potential future of the covid-19 pandemic: will SARS-CoV-2 become a recurrent seasonal infection?JAMA2021;325:1249-50.

doi:10.1001/jama.2021.2828 pmid:33656519