COVID-19関連追加(202153-2mRNAワクチンについてその11

65歳以上の入院患者に対するPfizer-BioNTechModernaワクチンの有効性】

Tenforde MW, Olson SM, Self WH, et al. Effectiveness of Pfizer-BioNTech and Moderna Vaccines Against COVID-19 Among Hospitalized Adults Aged ≥65 Years — United States, January–March 2021. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. ePub: 28 April 2021.

http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm7018e1.

This figure is a graphic describing how vaccination reduced the risk for COVID-19 hospitalization among adults 65 and older.

65歳以上の成人は,COVID-19による重篤な転帰のリスクが高く、米国で緊急使用許可(EUA)の下で使用が承認された最初のCOVID-19ワクチンを受ける優先グループとして特定された1)-3)65歳以上の成人を対象に,COVID-19関連の入院に対して,Pfizer-BioNTech社またはModerna社のワクチンを部分的または完全に接種した場合の効果を,14州の24の病院で評価した.65歳以上の入院患者417人(症例患者187人,対照患者230人を含む)の年齢中央値は73歳,女性48%,非ヒスパニック系白人73%,非ヒスパニック系黒人17%,ヒスパニック系6%で,4%が長期介護施設に居住していた(Table).症例患者187人のうち,発症14日以上前にPfizer-BioNTech社またはModerna社のワクチンを1回以上接種していたのは19人(10%)で,そのうち18人(10%)は部分接種,1人(0.5%)は完全接種であった.一方,テスト陰性の対照患者230人のうち62人(27%)が接種しており,44人(19%)は部分接種,18人(8%)は感染接種であった.Pfizer-BioNTech社製ワクチンとModerna社製ワクチンの接種率は同程度であった(1回以上接種した人ではそれぞれ53%47%).65歳以上の成人におけるCOVID-19関連入院に対する調整済みワクチン有効性(VE: vaccine effectivenessは,完全接種で94%95%信頼区間[CI]= 49%-99%部分接種で64%95%CI= 28%-82%と推定された(Figure発症14日以内に1回目を接種している場合は,有意な有効性は認められなかった(調整済みVE= 3%, 95%CI= 94%-51%.これらの結果は,65歳以上の成人を対象とした臨床試験で得られた有効性と一致している4)5).今回の米国における多施設での実環境下での評価では,65歳以上の成人がワクチンを接種することでCOVID-19関連の入院を予防できることが示唆された.ワクチン接種は,リスクの高いグループの重度のCOVID-19を減らすための重要な手段である.

Table:

 

 

Figure: Adjusted* vaccine effectiveness (with 95% confidence intervals) against COVID-19 among hospitalized† adults aged ≥65 years, by vaccination status§ — 24 medical centers in 14 states,¶ January–March 2021

The figure is a forest plot showing the adjusted vaccine effectiveness (with 95% confidence intervals) among adults aged ≥65 years with laboratory-confirmed COVID-19 hospitalization, by vaccination status, in 24 medical centers in 14 states, during January–March 2021.

 

References

1) Garg S, Kim L, Whitaker M, et al. Hospitalization rates and characteristics of patients hospitalized with laboratory-confirmed coronavirus disease 2019—COVID-NET, 14 states, March 1–30, 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:458–64.

2) Wortham JM, Lee JT, Althomsons S, et al. Characteristics of persons who died with COVID-19—United States, February 12–May 18, 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:923–9.

3) Dooling K, Marin M, Wallace M, et al. The Advisory Committee on Immunization Practices’ updated interim recommendation for allocation of COVID-19 vaccine—United States, December 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2021;69:1657–60.

4) Baden LR, El Sahly HM, Essink B, et al.; COVE Study Group. Efficacy and safety of the mRNA-1273 SARS-CoV-2 vaccine. N Engl J Med 2021;384:403–16.

5) Polack FP, Thomas SJ, Kitchin N, et al.; C4591001 Clinical Trial Group. Safety and efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 vaccine. N Engl J Med 2020;383:2603–15.

 

 

 

 

 

 

mRNAワクチンと顔面神経麻痺との関係】

Renoud L, et al. Association of Facial Paralysis With mRNA COVID-19 Vaccines

A Disproportionality Analysis Using the World Health Organization Pharmacovigilance Data. JAMA Intern Med. Published online April 27, 2021.

https://doi.org/10.1001/jamainternmed.2021.2219.

mRNA COVID-19ワクチンの主要な第3相臨床試験において,顔面神経麻痺の症例が,プラセボ投与群の1例(35,611例中1例)と比較して,ワクチン投与群で数例(35,654例中7例)観察された1)2).臨床試験から因果関係は確立されなかったが,米国食品医薬品局(FDA)は,ワクチン接種者の顔面神経麻痺のモニタリングを推奨した.そこで,世界保健機関(WHO)のファーマコビジランスデータベースであるVigiBaseを用いて,この潜在的な安全性シグナルを不均衡分析によって検討した.

Methods

不均衡分析は,医薬品と副作用との間に推定される関連性を検出することを目的とした仮説生成手法である.このような手法は,薬物と事象の組み合わせが、関連性がない場合に予想されるものと比較して,どの程度不均衡に発生しているかを定量化するものであるが,実際に薬物に曝露されている集団が不明であるため,リスクの定量化にはならない.本研究では,ベイズ型ニューラルネットワーク法を用いて不均衡シグナルを生成し,情報成分の95%信頼区間の下限(IC025)が0より大きい場合に有意であると判断した3)

2つの対照群(他のすべてのウイルスワクチンとインフルエンザワクチンに限定)と2つの顔面神経麻痺の定義(広義と狭義)で4つの分析を行った.すべての分析は,性別と年齢で調整した

Results

202139日,世界保健機関(WHO)のファーマコビジランスデータベースに登録されているmRNA COVID-19ワクチンで報告された副作用133,883例のうち,(完全)顔面神経麻痺(facial paralysis683例,顔面神経麻痺(facial paresis168例,顔面痙攣(facial spasms25例,顔面神経障害(facial nerve disorders13例の合計844例(0.6%)の顔面麻痺関連事象を確認した(一部の有害事象は同一症例で報告されている).Pfizer-BioNTech社ワクチンでは合計749例,Moderna社ワクチンでは95例が報告された.844例のうち572例が女性(67.8%)で,年齢は中央値49歳(IQR, 39-63)であった.発症までの期間は中央値2日(range, 0-79)であった.症例の特徴をTableに示す.さらに,他のウイルスワクチンで報告された1,265,182例の副作用から5734例(0.5%),インフルエンザワクチンで報告された314,980例の副作用から2087例(0.7%)の顔面神経麻痺を同定した.他のウイルスワクチン(IC025= 0.01, IC025= 0.06)やインフルエンザワクチン単独(IC025= 1.36, IC025= 0.32)と比較して,広義および狭義の定義で顔面神経麻痺の不均衡シグナル(signal of disproportionality)は検出されなかった(Figure

 

Figure: Forest Plot of the Information Component Values of mRNA COVID-19 Vaccine–Related Facial Paralysis vs All Other Viral Vaccines and Influenza Vaccines Alone.

Number of facial paralysis cases (No. of cases) and total number of adverse drug reaction cases (Total No.) reported in the World Health Organization pharmacovigilance database are described. Broad definitions of facial paralysis correspond to the following Medical Dictionary for Regulatory Activities (MedDRA) preferred terms (PTs): facial nerve disorder, facial paralysis, facial paresis, facial spasm, oculofacial paralysis, VIIth nerve injury; narrow definition, only to the facial paralysis PT. CrI indicates credible interval.

 

 

Table: Characteristics of mRNA COVID-19 Vaccine–Related Facial Paralysis Cases Reported in the WHO Pharmacovigilance Database.

 

Discussion

顔面神経麻痺は,ウイルス感染,外傷,がん,妊娠中のホルモン変化など,多くの臨床的背景に関連して観察される.顔面神経麻痺は,ウイルス感染,外傷,がん,妊娠中のホルモン変化など,多くの臨床的背景に関連して観察される.ベル麻痺として知られる特発性顔面神経麻痺は,片側性で,一般的には自然に回復し,顔面の部分的または完全な急性の脱力を引き起こす4).ワクチン接種後の孤発性顔面神経麻痺は,数十年前からほとんどすべてのウイルスワクチンで報告されており,免疫介在性またはウイルス再活性化(例えば,ヘルペスウイルス感染の再活性化)によって誘発されると考えられている5).しかし,これまでの薬剤疫学調査では,ワクチン接種後の顔面神経麻痺のリスクが高いことは確認されていない5)6)

他のウイルスワクチンと比較しても,mRNA COVID-19ワクチンは顔面神経麻痺のシグナルを示さなかった202139日の時点で,COVID-19ワクチンは全世界で32,000万回以上接種されている.したがって,選択的な報告やファーマコビジランスデータベースにおける症例の報告・転送の遅れの可能性はあるものの,本研究で見られたmRNA COVID-19ワクチン接種後の顔面神経麻痺の報告率は,他のウイルスワクチンで観察されたものよりも高くなかった.また,我々は性別と年齢で調整したが,残存交絡バイアスや報告バイアスが結果に影響を与えている可能性がある.

Conclusions

顔面神経麻痺とmRNA COVID-19ワクチンとの間に関連性があるとしても,そのリスクは他のウイルスワクチンと同様に非常に低いと考えられる

 

References

1) Polack  FP, Thomas  SJ, Kitchin  N,  et al; C4591001 Clinical Trial Group.  Safety and efficacy of the BNT162b2 mRNA COVID-19 vaccine.   N Engl J Med. 2020;383(27):2603-2615.

2) Baden  LR, El Sahly  HM, Essink  B,  et al; COVE Study Group.  Efficacy and safety of the mRNA-1273 SARS-CoV-2 vaccine.   N Engl J Med. 2021;384(5):403-416.

3) Bate  A, Lindquist  M, Edwards  IR,  et al.  A Bayesian neural network method for adverse drug reaction signal generation.   Eur J Clin Pharmacol. 1998;54(4):315-321.

4) Holland  NJ, Bernstein  JM.  Bells palsy.   BMJ Clin Evid. 2014;2014:1204.

5) Kamath  A, Maity  N, Nayak  MA.  Facial paralysis following influenza vaccination: a disproportionality analysis using the Vaccine Adverse Event Reporting System Database.   Clin Drug Investig. 2020;40(9):883-889.

6) Rowhani-Rahbar  A, Klein  NP, Lewis  N,  et al.  Immunization and Bells palsy in children: a case-centered analysis.   Am J Epidemiol. 2012;175(9):878-885.