COVID-19関連追加(202156日)mRNAワクチンについてその12

(リアルワールドにおける変異株に対するBNT162b2有効性,カタールとイスラエルから)

B.1.1.7およびB.1.351変異株に対するBNT162b2 Covid-19ワクチンの有効性】

Abu-Raddad LJ, et al. Effectiveness of the BNT162b2 Covid-19 Vaccine against the B.1.1.7 and B.1.351 Variants. N Engl J Med. May 5, 2021.

https://doi.org/10.1056/NEJMc2104974.

mRNAワクチンBNT162b2Pfizer-BioNTech)は,Covid-19に対して95%の有効性をもつ1).カタールは,20201221日にこのワクチンによる集団予防接種キャンペーンを開始した.2021331日時点で,合計385,853人が少なくとも1回のワクチン接種を受け,265,410人が2回の接種を完了した.ワクチン接種のスケールアップは,カタールでSARS-CoV-2感染のB.1.1.7変異株(20211月中旬〜)およびB.1.351変異株(20212月中旬〜)の拡大がきっかけとなった第2波および第3波に行われた.B.1.1.7の波は3月の第1週にピークを迎え,B.1.351の急速な拡大は3月中旬に始まり,現在まで続いている.223日〜318日までに行われたウイルスゲノム解析の結果,カタールで発生したCovid-19症例の50.0%B.1.35144.5%B.1.1.7によるものであることがわかった.37日以降にシーケンスされたウイルスのほぼすべての症例は,B.1.351またはB.1.1.7が原因であった.

ワクチン接種,ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査,および臨床的特徴に関するデータは,流行開始以来,すべてのSARS-CoV-2関連データを収集してきた全国的に統合されたCovid-19データベースから抽出した.ワクチン有効性は,インフルエンザに対するワクチン有効性を評価する際に推奨されるtest-negative casecontrol study designを用いて推定した2).このデザインの主な強みは,ワクチン接種者と未接種者の間の医療機関を受診する行動(health care-seeking behavior)の違いから生じるバイアスをコントロールできることである2)

記録されたB.1.1.7変異株感染に対する推定ワクチン有効性は,2回目の接種から14日以上経過した時点で89.5%95%CI, 85.9-92.3であった(Table 1, Table S2また,記録されたB.1.351変異株感染に対する有効性は,75.0%95%CI, 70.5-78.9であったSARS-CoV-2感染(カタール国内ではB.1.1.7変異株とB.1.351変異株が優勢)による重症(severe),重篤(critical),致死的(fatal)疾患に対するワクチン有効性は,97.4%95%CI, 92.2-99.5)と非常に高かった感度分析でも,これらの結果が確認された(Table S3

 

 

Table 1: Vaccine Effectiveness against Infection and against Disease in Qatar.

https://www.nejm.org/na101/home/literatum/publisher/mms/journals/content/nejm/0/nejm.ahead-of-print/nejmc2104974/20210504/images/img_xlarge/nejmc2104974_t1.jpeg

 

ワクチン有効性は,コホート研究の手法を用いて,ワクチン接種者の感染率と国内コホートにおける抗体陰性者の感染率を比較することでも評価された(Section S2その結果,B.1.1.7変異株に対する有効性は87.0%95%CI, 81.8-90.7),B.1.351変異株に対する有効性は72.1%95%CI, 66.4-76.8)と推定され,上記の結果を裏付ける結果が得られた

BNT162b2ワクチンは,カタール国内ではB.1.1.7およびB.1.351変異株が優勢であるにもかかわらず,カタール国民の感染および疾患に対して有効であった; B.1.351変異株に対するワクチンの有効性は,臨床試験1)やイスラエル4)および米国5)のリアルワールドで報告されている有効性(> 90%)よりも約20ポイント低かった.カタールでは,331日時点で,ワクチンを1回接種した6689人と2回接種した1616人にブレイクスルー感染が報告されているまた,Covid-19による死亡は,ワクチン接種者で,1回目の接種後に5人,2回目の接種後に2人の計7人が報告されている.しかし,B.1.351変異株の感染に対する防御力の低下は,最も重い感染形態(すなわち,入院や死亡に至るもの)に対する防御の低下にはつながらず,90%を超える強固な防御を示している.

 

References

1) Polack FP, Thomas SJ, Kitchin N, et al. Safety and efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 vaccine. N Engl J Med 2020;383:2603-2615.

2) Jackson ML, Nelson JC. The test-negative design for estimating influenza vaccine effectiveness. Vaccine 2013;31:2165-2168.

3) COVID-19 clinical management: living guidance. Geneva: World Health Organization, January 25, 2021

(https://www.who.int/publications/i/item/WHO-2019-nCoV-clinical-2021-1.)

4) Dagan N, Barda N, Kepten E, et al. BNT162b2 mRNA Covid-19 vaccine in a nationwide mass vaccination setting. N Engl J Med 2021;384:1412-1423.

5) Thompson MG, Burgess JL, Naleway AL, et al. Interim estimates of vaccine effectiveness of BNT162b2 and mRNA-1273 COVID-19 vaccines in preventing SARS-CoV-2 infection among health care personnel, first responders, and other essential and frontline workers — eight U.S. locations, December 2020–March 2021. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2021;70:495-500.

 

 

 

 

 

 

【イスラエルにおける全国ワクチン接種キャンペーン後のSARS-CoV-2感染およびCOVID-19症例,入院,死亡に対するmRNA BNT162b2ワクチンの影響と効果:

全国サーベイランスデータを用いた観察研究】

Haas EJ, et al. Impact and effectiveness of mRNA BNT162b2 vaccine against SARS-CoV-2 infections and COVID-19 cases, hospitalisations, and deaths following a nationwide vaccination campaign in Israel: an observational study using national surveillance data. Lancet. May 5, 2021.

https://doi.org/10.1016/S0140-6736(21)00947-8.

Summary

Background

イスラエルでPfizerBioNTech 社のmRNA COVID-19ワクチンBNT162b2(国際一般名tozinameran)の緊急使用許可が下りたことを受けて,保健省は16歳以上のイスラエル住民650万人を対象に予防接種キャンペーンを開始した.本研究では,リアルワールドにおけるSARS-CoV-2の様々な症状に対するBNT162b22回接種の有効性を推定し,このワクチンの広範な導入に伴う全国的な公衆衛生上の影響を評価した.

Methods

全国的なワクチン接種キャンペーンの最初の4ヶ月から得られた全国サーベイランスデータを用いて,検査室で確認されたSARS-CoV-2感染の発生数と転帰,および16歳以上のイスラエル居住者のワクチン摂取状況を確認した.SARS-CoV-2の転帰(無症候性感染,症候性感染,COVID-19関連入院,重症または重篤な入院,死亡)に対するワクチン有効性は,完全ワクチン接種者(2回目のワクチン接種から7日が経過した人と定義)の罹患率と,ワクチン未接種者(1回もワクチンを接種していない人)の罹患率を比較して算出した(negative binomial回帰モデルを用いて,年齢層(1624歳,2534歳,3544歳,4554歳,5564歳,6574歳,7584歳,85歳以上),性別,暦週数で調整した).B.1.1.7変異株の有病率(prevalence)を推定するために,SARS-CoV-2陽性検体のnationwide convenience-sampleにおけるPCR検査でSGTFspike gene target failures)の割合を用いた

Findings

解析期間(2021124日〜43日)において,16歳以上のSARS-CoV-2感染者数は232,268人,COVID-19入院者数は7694人,重症または重篤COVID-19入院者数は4481人,COVID-19死亡者数は1113人であった.202143日までに,16歳以上の6,538,911人のうち4,714,932人(72.1%)が,BNT162b22回接種して完了した.2回目の接種から7日以上経過した時点でのワクチン有効性の調整済み推定値は,SARS-CoV-2 感染に対して95.3%95%CI 94.9-95.7; ワクチン未接種者10万人日あたりの罹患率 91.5 vs 完全接種者の10万人日あたりの罹患率3.1),無症候性SARS-CoV-2感染に対して91.5%90.7-92.2; 10万人日あたり40.9 vs 1.8),有症候性SARS-CoV-2感染に対して97.0%96.7-97.2; 10万人日当たり32.5 vs 0.8),COVID-19関連入院に対して97.2%96.8-97.5; 10万人日当たり4.6 vs 0.3),重症または重篤なCOVID-19 関連入院に対して97.5%97.1-97.8; 10万人日当たり2.7 vs 0.2),COVID-19関連死亡に対して96.7%96.0-97.3; 10万人日当たり0.6 vs 0.1)であったすべての年齢層において,ワクチンカバレッジの上昇に伴い,SARS-CoV-2感染罹患率は低下した検査した8472検体のうち8006検体でSGFTが認められたことから,SARS-CoV-2感染者におけるB.1.1.7変異株の推定有病率は94.5%であった

 

Figure 1: Daily laboratory-confirmed SARS-CoV-2 infections in Israel (Nov 1, 2020, to April 3, 2021).

 

 

Table 1: Numbers and proportions of people fully vaccinated with BNT162b2 in the Israel population aged 16 years and older (Jan 24 to April 3, 2021).

 

 

Table 2: Estimated effectiveness of two doses of BNT162b2 (≥7 days after the second dose) against laboratory-confirmed SARS-CoV-2 outcomes by age group (Jan 24 to April 3, 2021).

 

 

Table 3: Estimated effectiveness of two doses of BNT162b2 (≥7 days after the second dose) against laboratory-confirmed SARS-CoV-2 outcomes in the oldest age groups (Jan 24 to April 3, 2021).

 

 

Table 4: Estimated effectiveness of two doses of BNT162b2 (≥14 days after the second dose) against laboratory-confirmed SARS-CoV-2 outcomes by age group (Jan 24 to April 3, 2021).

 

 

Figure 2: Incident cases of SARS-CoV-2 infection and prevalence of BNT162b2 vaccination by age group in Israel (Dec 1, 2020, to March 6, 2021).

グラフは,65歳以上(A),45-64歳(B),25-44歳(C),16-24歳(D)の各年齢層における,検査室で確認されたSARS-CoV-2感染者の7日間移動平均値と,各時点でワクチンを1回および2回接種した人口の割合を示している.なお,感染罹患率を示すY軸のスケールは年齢層によって異なる.

 

Interpretation

BNT162b22回接種は,すべての年齢層(16歳以上,85歳以上の高齢者を含む)において,B.1.1.7系統SARS-CoV-2変異株によるものを含め,症候性および無症候性SARS-CoV-2感染,COVID-19による入院,重症化,死亡の予防に非常に有効であるSARS-CoV-2罹患率は,ワクチンカバレッジの上昇に伴い,顕著かつ持続的に減少した.これらの知見は,COVID-19ワクチン接種がパンデミックの抑制に役立つことを示唆している.(Funding: None.