COVID-19関連追加(2021510日)mRNAワクチンについてその13

(無症候性および症候性感染に対するワクチン有効性)

当院HP関連ファイル:

2021316

2021426

【職場のルーチンスクリーニングにおけるBNT162b2ワクチン接種後の

無症候性および症候性SARS-CoV-2感染】

Tang L, et al. Asymptomatic and Symptomatic SARS-CoV-2 Infections After BNT162b2 Vaccination in a Routinely Screened Workforce. JAMA. Published online May 6, 2021. https://doi.org/10.1001/jama.2021.6564.

SARS-CoV-2に対するBNT162b2ワクチン(Pfizer-BioNTech)の2回接種は,94.8%の有効性が報告され,202012月に認可された1).ワクチン接種と症候性疾患の減少との関連はよく知られているが,無症候性感染との関連は不明である2)3)

Methods

20203月,St Jude Childrens Research Hospitalは,無症候性の従業員を対象とした検査による定期的なスクリーニングと,症候性のある人や曝露が判明している人を対象とした検査を開始した.無症候性の従業員から採取した中鼻甲介サンプルのPCR検査を少なくとも週1回実施した.20201217日,BNT162b2ワクチン接種を開始した.”ワクチン適格者”とは,州のワクチン接種ガイドラインを満たしている人である4)BNT162b2接種を受けた従業員は,初回接種日から追跡調査を行った.ワクチンを接種していない従業員は,20201217日または最初の無症候性スクリーニング結果のいずれか遅い方から追跡調査を行った.サーベイランス終了は2021320日,雇用の終了,検査結果が陽性,または他のワクチンの接種のいずれか早い方とした.両方のグループに寄与した人はいなかった.COVID-19曝露歴のある人は除外した.無症候性感染を解析する場合は,症候性症例と既知の曝露症例を競合リスクとして扱った; 症候性感染を解析する場合は,無症候性スクリーニングによる陽性結果を競合リスクとして扱った.

ワクチン接種と感染の関連性を示す指標として,ワクチン接種群と未接種群の追跡期間1人日あたりのCOVID-19確定症例数の比率である罹患率比(IRR: incidence rate ratio)+95%CIs5)を用いた.また,1回目と2回目の接種後の時間による解析も行った.累積罹患率曲線は,Kaplan-Meier推定を用いた.解析はRバージョン4.0.3で行った.

Results

20201217日〜2021320日において,5217人の従業員がワクチン接種の基準を満たし,3052人(58.5%)がBNT162b21回以上,2776人(53.2%)が2回接種し,2165人(41.5%)がワクチン未接種だった.追跡調査の中央値は,未接種者では81日,接種者では72日であった.ワクチン接種群では,66.0%が女性,60.3%が白人,19.4%が黒人,88.7%65歳未満,47.2%が医療従事者であった6); ワクチン未接種群では,58.3%が女性,40.3%が白人,24.6%が黒人,84.8%65歳未満,25.7%が医療従事者であった.

ワクチン接種を受けた従業員のうち,追跡調査でSARS-CoV-2陽性反応が出たのは51人(2回目の接種前に41人,2回目の接種後に10人)であった; 29人(56.9%)が無症候性スクリーニングを通して診断された.ワクチンを接種していない従業員では,185人が陽性となり,79人(42.7%)が無症候性であった.IRRは,いずれのSARS-CoV-2感染で0.2195%CI, 0.15-0.28),無症候性スクリーニングで0.2895%CI, 0.18-0.42),症候性または既知の曝露症例で0.1695%CI, 0.10-0.25)であったTable初回接種後初めの11日以内のIRRは,3つの結果すべてにおいて0.580.60であった初回接種後12日目から2回目の接種までの無症候性スクリーニングによるIRR0.5895%CI, 0.30-1.13),2回目の接種後7日以内では0.3595%CI, 0.11-1.09),2回目の接種後7日以上では0.1095%CI, 0.04-0.22であった2回目の接種から7日を超えてからの症候性あるいは既知の曝露症例は認めなかったワクチンを接種していない従業員は,ワクチンを接種した従業員と比較して,検査陽性となる累積罹患率が高く,無症候性スクリーニング,症候性,または既知の曝露による検査陽性の罹患率も高かった(Figure

Table: Estimated Incidence Rate Ratio Against Any SARS-CoV-2 Infection and Asymptomatic or Symptomatic/Contact SARS-CoV-2 Infectiona.

 

 

Figure: Cumulative Incidence of COVID-19 Against SARS-CoV-2 Infections After the First Dose.

A total of 2165 unvaccinated employees and 3052 vaccinated employees were included. A, Any SARS-CoV-2 infection among St Jude employees during follow-up. B, Asymptomatic infections identified through routine asymptomatic screening; SARS-CoV-2 cases through testing based on the presence of symptoms or known COVID-19 exposure were treated as competing risks. C, Positive results via testing based on the presence of symptoms or known COVID-19 exposure; positive results from asymptomatic screening were treated as competing risks. Shaded areas are 95% CIs.

 

Discussion

本研究では,病院職員へのBNT162b2ワクチン接種と,SARS-CoV-2による症候性および無症候性感染のリスク低下との間に関連性が認められたLimitation: 観察研究であること; 追跡期間が短いこと; コホートサイズが小さいために2群間のマッチングができず,追跡期間が不均等であること; サーベイランス中の時間的リスク(temporal risk)が異なること; ワクチン接種を選択しない群はより高リスクの行動をとる傾向があるかもしれないことなどが挙げられる.追跡期間の不均等と後者の2つのlimitationにより,ワクチン接種に有利な結果に偏った可能性がある.無症候性感染リスクの低減が感染伝播の低減につながるかどうかについては,さらなる研究が必要である.

 

 

References

1) Polack  FP, Thomas  SJ, Kitchin  N,  et al; C4591001 Clinical Trial Group.  Safety and efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 vaccine.   N Engl J Med. 2020;383(27):2603-2615. doi:10.1056/NEJMoa2034577.

2) Amit  S, Regev-Yochay  G, Afek  A, Kreiss  Y, Leshem  E.  Early rate reductions of SARS-CoV-2 infection and COVID-19 in BNT162b2 vaccine recipients.   Lancet. 2021;397(10277):875-877. doi:10.1016/S0140-6736(21)00448-7.

3) Dagan  N, Barda  N, Kepten  E,  et al.  BNT162b2 mRNA Covid-19 vaccine in a nationwide mass vaccination setting.   N Engl J Med. 2021;384(15):1412-1423. doi:10.1056/NEJMoa2101765.

4) State of Tennessee Health Department. COVID-19 vaccination plan. Posted March 8, 2021. Accessed March 21, 2021.

https://www.tn.gov/content/dam/tn/health/documents/cedep/novel-coronavirus/COVID-19_Vaccination_Plan.pdf

5) Hightower  AW, Orenstein  WA, Martin  SM.  Recommendations for the use of Taylor series confidence intervals for estimates of vaccine efficacy.   Bull World Health Organ. 1988;66(1):99-105.

6) Centers for Disease Control and Prevention. What healthcare personnel need to know about COVID-19 vaccines. Updated April 30, 2021.

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/vaccines/recommendations/hcp.html

 

 

 

 

 

 

 

【医療従事者におけるBNT162b2ワクチン接種と

症候性および無症候性SARS-CoV-2感染の罹患率との関連について】

Angel Y, et al. Association Between Vaccination With BNT162b2 and Incidence of Symptomatic and Asymptomatic SARS-CoV-2 Infections Among Health Care Workers. JAMA. Published online May 6, 2021. https://doi.org/10.1001/jama.2021.7152.

Abstract

Importance

無作為化臨床試験により,症候性SARS-CoV-2感染に対するBNT162b2ワクチンの効果が推定されているが,無症候性感染に対する効果はまだ明らかではない.

Objective

BNT162b2ワクチン(Pfizer-BioNTech)の接種と,医療従事者における症候性および無症候性SARS-CoV-2感染との関連性を推定する.

Design, Setting, and Participants

本研究は,イスラエル・テルアビブの三次医療センターで実施された単施設レトロスペクティブコホート研究である.20201220日〜2021225日の間に,鼻咽頭スワブによる定期的なスクリーニングを受けた医療従事者において,ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査で確認された症候性および無症候性SARS-CoV-2感染に関するデータを収集した.ロジスティック回帰を用いて,人口統計やPCR検査の実施回数を照合しつつ,ワクチン完全接種した参加者とワクチンを接種していない参加者における感染の罹患率を比較する罹患率比(IRRs: incidence rate ratios)を算出した.

Exposures

BNT162b2ワクチン接種者と未接種者は,従業員の健康データベースから確認した.完全接種とは,2回目のワクチンを接種してから7日を超えて経過していることと定義した.

Main Outcomes and Measures

主要アウトカムは,完全にワクチンを接種した医療従事者とワクチンを接種していない医療従事者における,症候性および無症候性のSARS-CoV-2感染に対する回帰調整IRRregression-adjusted IRR)であった.副次アウトカムは,部分的にワクチンを接種した医療従事者(1回目の接種から728日目)と,完全にワクチンを接種し,ある程度時間が経過したと考えられる医療従事者(late fully vaccinated)(2回目の接種から21日目以上)のIRRを含んでいた.

Results

合計6710人の医療従事者(平均[SD]年齢44.3[12.5], 4465[66.5%]女性)が中央値で63日間の追跡調査を受けた; 5953人(88.7%)の医療従事者が少なくとも1回のBNT162b2ワクチン接種を受け,5517人(82.2%)が2回接種を受け,757人(11.3%)がワクチン未接種であった.ワクチン接種者は,未接種者に比べて年齢が高く(平均年齢,それぞれ44.8 vs 40.7歳),性別は男性(31.4% vs 17.7%)であった(Figure 1, Figure 2).

Figure 1: Institutional Screening Policies, Vaccine Uptake in the Vaccinated Group, and the Daily Proportion of Vaccinated and Unvaccinated Participants Tested for SARS-CoV-2.

PCR indicates polymerase chain reaction.

aA detailed description of the study periods appears in the eMethods in the Supplement.

bRegardless of vaccination status.

cUnadjusted for propensity score.

dAdjusted for propensity score.

 

 

Figure 2: Study Cohort Derivation Process.

Table 1: Baseline Characteristics of Study Participants.

症候性SARS-CoV-2感染は,完全にワクチンを接種した医療従事者8人と,ワクチンを接種していない医療従事者38人に発生した(罹患率比, それぞれ100,000人日あたり4.7 vs  149.8, 調整IRR, 0.03 [95%CI, 0.01-0.06]無症候性SARS-CoV-2感染は,完全にワクチンを接種した医療従事者19人と,ワクチンを接種していない医療従事者17人に発生した(罹患率比, それぞれ100,000万人日あたり11.3 vs 67.0, 調整IRR, 0.14 [95%CI, 0.07-0.31].この結果は,傾向スコアによる感度分析によっても質的には変化しなかった.

Figure 3: Cumulative Incidence of SARS-CoV-2 Infection Among Vaccinated, Propensity Score–Matched Vaccinated, and Unvaccinated Participants Screened for SARS-CoV-2 Infection.

Data are the cumulative incidence of symptomatic and asymptomatic SARS-CoV-2 cases after the first dose of the vaccine in the unvaccinated cohort (n=757), in the original vaccinated cohort (n=5953), and in the propensity scorematched vaccinated cohort (n=2141). Additional information appears in eFigure 2 in the Supplement.

aUnadjusted for propensity score.

 

 

Table 2: Observed Incidence Rate Ratios of Symptomatic and Asymptomatic SARS-CoV-2 Infectiona.

 

Discussion

定期的に検診を受ける医療従事者を対象としたこのレトロスペクティブコホート研究では,BNT162b2 mRNAワクチンの2回接種と,症候性および無症候性SARS-CoV-2感染の罹患率の低下は有意に関連した.主要アウトカムの調整IRRは,症候性感染で 0.03,無症候性感染で0.14であり,ワクチンの推定有効性(1-IRR)はそれぞれ97%86%であった.

ワクチン接種状況と症候性SARS-CoV-2感染との関連性は,第3相無作為化臨床試験で報告された95%の有効性1)や,イスラエルの全国的なワクチン接種キャンペーンの研究で観察されたリスク比0.06と同様である.全国的なワクチン接種研究8)では,無症候性感染のプロキシとしてのリスク比が本研究の結果よりもやや低かったが(リスク比0.10 vs IRR 0.14),これは研究方法の違いによるものか,今回の分析では症候性症例の分類をより厳密に行ったことを反映しているのかもしれない.累積罹患率曲線の分離は,症候性SARS-CoV-2感染よりも無症候性SARS-CoV-2感染の方が遅く,無症候性SARS-CoV-2感染の調整済みIRRは,2回目のワクチン接種から21日後に0.06(推定ワクチン有効性94%)に達した

このコホートでは,PCRによってSARS-CoV-2感染が確認された症例のうち,無症候性感染が38.7%を占めており,これは他の横断研究で報告されている結果と同様である9).無症候性感染者は,症状のある患者と同様に,高レベルの培養可能なウイルス(culturable virus)を上気道に保持している可能性があり12)13),臨床的には無症候性であるが,画像で肺炎を認めることもあり14),地域社会や病院内でSARS-CoV-2の感染源となる可能性がある13)15)

医療従事者の症候性および無症候性感染に対するワクチン有効性は,現在進行中の研究対象となっている.イスラエルで行われた全国規模の集団予防接種研究8)をはじめとする多くの研究では,医療従事者の曝露のばらつきが大きいことから,医療従事者は除外されている.Amit16)は,今回の研究よりも平均追跡期間が短く,初回ワクチン接種後1528日以内では,ワクチン接種を受けた医療従事者と受けていない医療従事者とを比較した結果,SARS-CoV-2感染率が85%減少したと報告している.Benenson17)は,ワクチン接種を受けた医療従事者のCOVID-19罹患率が,ワクチン未接種の医療従事者と比較して低いことが初回接種から4週間後に明らかになり,追跡調査期間中も低いままであったと報告している; しかしながら,ワクチン接種者は定期的にスクリーニングされていない.これらの研究はいずれも,無症候性SARS-CoV-2感染率を特に評価していない.

このデータセットの強みは,医療従事者の特徴をよく表しているコホートにおいて系統的に収集されたPCRデータと臨床症状が得られたことで,無症候性感染を相対的に強固に評価できたことである.観察された無症候性感染の減少がSARS-CoV-2感染に及ぼす潜在的な影響については,さらなる研究が必要である.COVID-19パンデミック拡大に無症候性感染者が関与していた可能性があることを考えると15)18),この減少がSARS-CoV-2感染の水面下の拡大に及ぼす影響は,公衆衛生上重要と考えられる.

Limitation: @単一施設で行われたレトロスペクティブコホート研究という特性により,調査結果の一般化が制限される可能性がある.Aワクチンを接種したコホートと接種していないコホートでは,規模や個人の特性に違いがあった.ワクチンを接種していない医療従事者は若く,女性が多かった.しかし、性別と年齢のバランスがとれた傾向スコアマッチングコホートでは,主要アウトカムは安定していた.B2021115日以降,ワクチンを接種した医療従事者は,ワクチンを接種していない医療従事者に比べて,SARS-CoV-2感染に関するPCR検査を受ける回数が少なく,ワクチンを接種していないコホートで観察される感染者数が多くなる可能性がある(今回分析では,この不均衡の可能性を考慮しているが).C回帰分析や傾向スコアの調整では考慮されていない他の交絡因子が存在する可能性がある.例えば,ワクチン接種の推奨事項の遵守と一般的な健康状態や行動との間に関連性があることを意味する健常ワクチン接種者バイアス(healthy vaccinee bias)を除外することはできない.

Conclusions and Relevance

イスラエル・テルアビブにある単一医療施設において,BNT162b2ワクチンを接種した医療従事者は,ワクチンを接種しなかった医療従事者と比較して,2回目の接種から7日を超えて経過した後症候性および無症候性SARS-CoV-2感染の罹患率が有意に低いことが示された.この結果は,観察的デザインであるためlimitationがある.

 

 

References

1) Polack  FP, Thomas  SJ, Kitchin  N,  et al; C4591001 Clinical Trial Group.  Safety and efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 vaccine.  

N Engl J Med. 2020;383(27):2603-2615. doi:10.1056/NEJMoa2034577

2) US Food and Drug Agency. Emergency Use Authorization for Pfizer-BioNTech COVID-19 vaccine. Accessed February 25, 2021.

https://www.fda.gov/emergency-preparedness-and-response/coronavirus-disease-2019-covid-19/pfizer-biontech-covid-19-vaccine

3) Rosen  B, Waitzberg  R, Israeli  A.  Israels rapid rollout of vaccinations for COVID-19.   Isr J Health Policy Res. 2021;10(1):6. doi:10.1186/s13584-021-00440-6

4) Israel Ministry of Health. Israeli COVID-19 dataset. Accessed March 22, 2021. https://data.gov.il/dataset/covid-19

5) Roser  M, Ritchie  H, Ortiz-Ospina  E, Hasell  J. Coronavirus pandemic (COVID-19): our world in data. Accessed February 25, 2021.

https://ourworldindata.org/coronavirus

6) Mascola  JR, Graham  BS, Fauci  AS.  SARS-CoV-2 viral variantstackling a moving target.   JAMA. 2021;325(13):1261-1262. doi:10.1001/jama.2021.2088

7) Munitz  A, Yechezkel  M, Dickstein  Y, Yamin  D, Gerlic  M.  BNT162b2 vaccination effectively prevents the rapid rise of SARS-CoV-2 variant B.1.1.7 in high risk populations in Israel.  

Cell Rep Med. Published online April 18, 2021. doi:10.1016/j.xcrm.2021.100264

8) Dagan  N, Barda  N, Kepten  E,  et al.  BNT162b2 mRNA Covid-19 vaccine in a nationwide mass vaccination setting.  

N Engl J Med. 2021;384(15):1412-1423. doi:10.1056/NEJMoa2101765

9) Oran  DP, Topol  EJ.  Prevalence of asymptomatic SARS-CoV-2 infection: a narrative review.   Ann Intern Med. 2020;173(5):362-367. doi:10.7326/M20-3012

10) World Medical Association.  World Medical Association Declaration of Helsinki: ethical principles for medical research involving human subjects.   JAMA. 2013;310(20):2191-2194. doi:10.1001/jama.2013.281053

11) Desai  RJ, Franklin  JM.  Alternative approaches for confounding adjustment in observational studies using weighting based on the propensity score: a primer for practitioners.   BMJ. 2019;367:l5657. doi:10.1136/bmj.l5657

12) Kimball  A, Hatfield  KM, Arons  M,  et al; Public Health Seattle & King County; CDC COVID-19 Investigation Team.  Asymptomatic and presymptomatic SARS-CoV-2 infections in residents of a long-term care skilled nursing facility—King County, Washington, March 2020.   MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2020;69(13):377-381. doi:10.15585/mmwr.mm6913e1

13) Singanayagam  A, Patel  M, Charlett  A,  et al.  Duration of infectiousness and correlation with RT-PCR cycle threshold values in cases of COVID-19, England, January to May 2020.  

Euro Surveill. 2020;25(32):1-5. doi:10.2807/1560-7917.ES.2020.25.32.2001483

14) Ooi  EE, Low  JG.  Asymptomatic SARS-CoV-2 infection.   Lancet Infect Dis. 2020;20(9):996-998. doi:10.1016/S1473-3099(20)30460-6

15) Lee  S, Kim  T, Lee  E,  et al.  Clinical course and molecular viral shedding among asymptomatic and symptomatic patients with SARS-CoV-2 Infection in a community treatment center in the Republic of Korea.   JAMA Intern Med. 2020;180(11):1447-1452. doi:10.1001/jamainternmed.2020.3862

16) Amit  S, Regev-Yochay  G, Afek  A, Kreiss  Y, Leshem  E.  Early rate reductions of SARS-CoV-2 infection and COVID-19 in BNT162b2 vaccine recipients.   Lancet. 2021;397(10277):875-877. doi:10.1016/S0140-6736(21)00448-7

17) Benenson  S, Oster  Y, Cohen  MJ, Nir-Paz  R.  BNT162b2 mRNA Covid-19 vaccine effectiveness among health care workers.   N Engl J Med. Published online March 23, 2021. doi:10.1056/NEJMc2101951

18) Nogrady  B.  What the data say about asymptomatic COVID infections.   Nature. 2020;587(7835):534-535. doi:10.1038/d41586-020-03141-3