COVID-19関連追加(202166日)マスク着用下の6分間歩行試験

当院HP関連ファイル:

20201028

202134-2

COVID-19の時代におけるマスク着用下の6分間歩行試験】

Salles-Rojas A, et al. Masking the 6-Minute Walking Test in the COVID-19 Era. Annals of the American Thoracic Society.

https://doi.org/10.1513/AnnalsATS.202009-1088RL.

Introduction

フェイスマスクの使用が,6分間歩行試験(6-MWT)時の被験者の歩行距離だけでなく,酸素飽和度(SpO2),心拍数(HR),呼吸困難,疲労に影響を与えるかどうかを明らかにしなければならない.本研究の目的は,COVID-19生存者において,2種類のフェイスマスクが6-MWT時の歩行距離に影響を与えるかどうかを調べることである.

Methods

ポリメラーゼ連鎖反応で確認されたCOVID-19の診断による肺炎で入院し,退院から30日以上経過した18歳以上の被験者が参加し,歩行ができない者は研究から除外した.被験者をサージカルフェイスマスク群とN95フェイスマスク群のどちらにエントリーするか,また最初の歩行は,フェイスマスクを装着して行うか,装着しないで行うかはランダムに(乱数表に従って)決定した.フェイスマスクは,ポリプロピレン100%のプリーツ型スパンボンド/メルトブロー/スパンボンド不織布(Mds Medical Dress Supplier)を使用したサージカルタイプと,ポリプロピレンと3Mポリエステルを使用した折りたたみ式のN95粒子フェイスマスク(model 9010, 3Mを使用した.

すべての被験者は,参加者は,米国胸部学会/欧州呼吸器学会の基準に従って,2回の6-MWTsを行い,2回の6-MWTの間のリカバリータイムは30分とした(7)

メキシコ市の国立呼吸器病研究所(Ismael Cosío Villegas)の科学・生命倫理委員会が本研究を承認し(C16-20),参加者はインフォームド・コンセント・フォームに署名した.人体測定データは,平均値と標準偏差,または数と割合で示した; 群間比較には,Student's t検定,Mann-Whitney U検定,χ2検定を用いた.フェイスマスクを装着した場合と装着しない場合の6-MWTの結果の分析には分散解析を用い,関連性の検索にはSpearman相関係数(rsp)とconcordance相関係数(CCC)を用いた.多変量線形回帰解析を行い,両6-MWTs(フェイスマスクの有無[従属変数])間の歩行距離の差が、フェイスマスクの使用・非使用,フェイスマスクの種類,desaturationの有無,呼吸困難や疲労の程度(10-grade Borg Scale(8),過体重または肥満の状態,喫煙など,転帰に影響を及ぼす可能性のある変数を選択して予測されるかどうかを検討した(独立変数).6-MWTの予測率の算出には,BMIで調整したEnrightらの参照式を用いた(9)

 

Results

対象となったのは,年齢44(±12)歳の77人で,うち49人(64%)が男性であった.Table 1に一般的な特徴を示す; 41人(53%)の被験者がN95フェイスマスク群に割り当てられた.フェイスマスクを装着していない場合,43人(56%)の被験者はSpO2> 4%低下し,そのうち29人(67%)は6-MWT中にSpO288%以下になるdesaturationを認めた.歩行距離,SpO2HR,呼吸困難,疲労については,フェイスマスク(サージカルまたはN95)を装着した場合としなかった場合で差は見られなかった(Table 2

Table 1:

Table 2:

 

Figure 1は,フェイスマスクを装着した場合と装着していない場合の6-MWTの関連性(rsp= 0.90, P< 0.001)と一致性(CCC= 0.94)を示したものである.Figure 1Bに示すように,2つの歩行の平均差は−0.65(±28mであった; 95%一致限界は−5554mであった12人(16%)の被験者では,歩行の差が30mを超えており,これは6-MWTの変化に対する臨床的に有意な最小限度(MCSL: minimum clinically significant limit)と考えられた(7)多変量解析の結果,この差は,使用したフェイスマスクの種類(P= 0.74),desaturationの有無(P= 0.63),6-MWT前後の呼吸困難の程度(P= 0.75),肥満(P= 0.89),および喫煙(P= 0.93)とは独立していた

Figure 1: (A) Spearman correlation (r sp=0.9, P<0.001) and (B) concordance correlation coefficient (CCC) between the meters walked during the 6-minute walking test (6-MWT) with and without face mask (CCC=0.94). The small dashed lines represent the minimal clinically significant difference (±30 m) proposed in the evaluation of patients with chronic lung diseases, the dashed and dotted lines represent the 95% limits of agreement, and the large dashed lines represent the average of difference between the walking meters during the 6-MWT with and without the face mask. Open circles=surgical face mask; open triangles=N95 face mask. 6-MWD=6-minute walking distance; w/wo=with/without.

 

歩行時に使用したフェイスマスクの種類別に解析したところ,フェイスマスクの有無にかかわらず,歩行距離はほぼ同様であった: サージカルタイプのフェイスマスクではrsp= 0.91P< 0.001, CCC= 0. 94,差の平均値= 1.36(±28.7),95%信頼区間= 57.755mであったのに対し,N95フェイスマスクでは,rsp 0.93P< 0.001),CCC= 0.94,差の平均値= 0.02(±27.2),95%信頼区間= 53.453.3mであった.

Discussion

本研究の主な結果は,サージカルマスクまたはN95フェイスマスクを使用した場合の6-MWDの平均差は,フェイスマスクを使用しない場合と比較して,−0.65 mであった(広い95%一致限界); 被験者の84%MCSL(±30 m)以内の一致を示した

6-MWTは,被験者が30mの廊下を6分間で歩くことができる距離を測定することを目的としている(7, 10-12)6-MWTは,慢性肺疾患患者の診断,予後,およびモニタリングに使用される(13-15)6-MWTの重要性は,6分間の歩行距離に対する治療効果の分析にあるが,SpO2HR,呼吸困難,疲労,血圧などの他のパラメータを用いて機能状態を測定することもできる(7, 13)

最近では,COVID-19の初期診断において,軽症例と重症例を早期に判別するために6-MWTの有用性を示唆する研究者もいる(16); しかしながら,肺機能検査室に通う医療従事者や他の慢性肺疾患を持つ人への空気を介したCOVID-19伝播が懸念されている(17, 18).そのため,新たな予防策が提案されており,その一つが感染リスクを低減するためのフェイスマスクの使用である(16)

従来,6-MWTはフェイスマスクなしで行われており,口や鼻孔を覆うフェイスピースを使用すると,特に低強度の運動を行う被験者ではCO2濃度が3.0%(±0.5%)にまで上昇する(19, 20).この意味で,N95レスピレーターを使用することは,6-MWTにおける呼吸努力の増加,窒息感,および結果の変化に関連する可能性がある.我々の知る限り,6-MWT中のサージカルフェイスマスクの使用を評価した研究は1件しかない(21).これらの著者は,健常者の歩行距離には差がなく(P= 0.99),唯一の有意差は呼吸困難の程度であった(P< 0.001).我々の研究では,被験者の84%において,歩行メートル数の差はMCSL(±30m)以内であり(13, 22-24),呼吸困難の程度においても差は得られなかった(25)

この研究には限界がある.本研究はCOVID-19から回復した人のコホートであるが,各群の参加者数はもっと多くなる可能性がある.

Conclusions

サージカルマスクやN95タイプのフェイスマスクは,特にCOVID-19回復者が6-MWTを行う際に使用されうる.歩行距離やSpO2HR,呼吸困難の程度などの他の変数に関する結果は,フェイスマスクを使用しない場合と同様であった

 

 

References

1) Wilson KC, Kaminsky DA, Michaud G, Sharma S, Nici L, Folz RJ, et al. Restoring pulmonary and sleep services as the COVID-19 pandemic lessens: from an Association of Pulmonary, Critical Care, and Sleep Division Directors and American Thoracic Society-coordinated Task Force. Ann Am Thorac Soc 2020;17:1343–1351.

2) Gochicoa-Rangel L, Torre-Bouscoulet L, Salles Rojas A, Guzmán-Valderrábano C, Silva-Cerón M, Benítez-Pérez RE, et al. Functional respiratory evaluation in the COVID-19 era: the role of pulmonary function test laboratories. Rev Invest Clin [online ahead of print] 7 May 2020; DOI: 10.24875/RIC.20000250.

3) Arce SC, Baldasaria RA, Brea Folco JC, Rodríguez Moncalvo JJ. Bioseguridad y prevención de infecciones cruzadas durante la realización de estudios de función pulmonar. RAMR 2020;19:25–31.

4) Yan Y, Chen H, Chen L, Cheng B, Diao P, Dong L, et al. Consensus of Chinese experts on protection of skin and mucous membrane barrier for health-care workers fighting against coronavirus disease 2019. Dermatol Ther 2020;33:e13310.

5) Sociedad Española de Neumología y Cirugía Torácica SEPAR. Recomendaciones de prevención de infección por coronavirus en las unidades de función pulmonar de los diferentes ámbitos asistenciales. SEPAR; 2020 [updated 2020 May; accessed 2020 Jun 6].

6) McGowan A, Sylvester K, Burgos F, Boros P, de Jongh F, Kendrick A, et al. Recommendation from ERS Group 9.1 (Respiratory function technologists /Scientists) Lung function testing during COVID-19 pandemic and beyond. European Respiratory Society; 2020 [accessed 2020 Aug 31].

7) Holland AE, Spruit MA, Troosters T, Puhan MA, Pepin V, Saey D, et al. An official European Respiratory Society/American Thoracic Society technical standard: field walking tests in chronic respiratory disease. Eur Respir J 2014;44:1428–1446.

8) Borg GA. Psychophysical bases of perceived exertion. Med Sci Sports Exerc 1982;14:377–381.

9) Enright PL, Sherrill DL. Reference equations for the six-minute walk in healthy adults. Am J Respir Crit Care Med 1998;158:1384–1387.

10) Gochicoa-Rangel L, Mora-Romero U, Guerrero-Zúñiga S, Silva-Cerón M, Cid-Juárez S, Velázquez-Uncal M, et al. Prueba de caminata de 6 minutos: recomendaciones y procedimientos. Neumol Cir Torax 2015;74:127–136.

11) ATS Committee on Proficiency Standards for Clinical Pulmonary Function Laboratories. ATS statement: guidelines for the six-minute walk test. Am J Respir Crit Care Med 2002;166:111–117.

12) Enright PL, McBurnie MA, Bittner V, Tracy RP, McNamara R, Arnold A, et al.; Cardiovascular Health Study. The 6-min walk test: a quick measure of functional status in elderly adults. Chest 2003;123:387–398.

13) Singh SJ, Puhan MA, Andrianopoulos V, Hernandes NA, Mitchell KE, Hill CJ, et al. An official systematic review of the European Respiratory Society/American Thoracic Society: measurement properties of field walking tests in chronic respiratory disease. Eur Respir J 2014;44:1447–1478.

14) Miyamoto S, Nagaya N, Satoh T, Kyotani S, Sakamaki F, Fujita M, et al. Clinical correlates and prognostic significance of six-minute walk test in patients with primary pulmonary hypertension. Comparison with cardiopulmonary exercise testing. Am J Respir Crit Care Med 2000;161:487–492.

15) Lacasse Y, Goldstein R, Lasserson TJ, Martin S. Pulmonary rehabilitation for chronic obstructive pulmonary disease. Cochrane Database Syst Rev 2006;( 4):CD003793.

16) Mantha S, Tripuraneni SL, Roizen MF, Fleisher LA. Proposed modifications in the 6-minute walk test for potential application in patients with mild COVID-19: a step to optimize triage guidelines. Anesth Analg 2020;131:398–402.

17) Gautret P, Colson P, Lagier JC, Parola P, Raoult D. Does spitting in public play a role in transmitting SARS-CoV-2? Travel Med Infect Dis 2020;36:101759.

18) Kutter JS, Spronken MI, Fraaij PL, Fouchier RA, Herfst S. Transmission routes of respiratory viruses among humans. Curr Opin Virol 2018;28:142–151.

19) Smith CL, Whitelaw JL, Davies B. Carbon dioxide rebreathing in respiratory protective devices: influence of speech and work rate in full-face masks. Ergonomics 2013;56:781–790.

20) Williams WJ. Physiological response to alterations in [O2] and [CO2]: relevance to respiratory protective devices. J Int Soc Respir Prot 2010;27:27–51.

21) Person E, Lemercier C, Royer A, Reychler G. [Effect of a surgical mask on six minute walking distance]. Rev Mal Respir 2018;35:264–268.

22) du Bois RM, Weycker D, Albera C, Bradford WZ, Costabel U, Kartashov A, et al. Six-minute-walk test in idiopathic pulmonary fibrosis: test validation and minimal clinically important difference. Am J Respir Crit Care Med 2011;183:1231–1237.

23) Redelmeier DA, Bayoumi AM, Goldstein RS, Guyatt GH. Interpreting small differences in functional status: the Six Minute Walk test in chronic lung disease patients. Am J Respir Crit Care Med 1997;155:1278–1282.

24) Demeyer H, Burtin C, Hornikx M, Camillo CA, Van Remoortel H, Langer D, et al. The minimal important difference in physical activity in patients with COPD. PLoS One 2016;11:e0154587.

25) Casanova C, Celli BR, Barria P, Casas A, Cote C, de Torres JP, et al.; Six Minute Walk Distance Project (ALAT). The 6-min walk distance in healthy subjects: reference standards from seven countries. Eur Respir J 2011;37:150–156.