COVID-19関連追加(2021716日)異種混合ワクチンについてその3

当院HP関連ファイル:

2021629

202172

ChAdOx1 nCoV-19mRNA-1273による異種混合ワクチン接種】

Normark J, et al. Heterologous ChAdOx1 nCoV-19 and mRNA-1273 Vaccination. N Engl J Med. July 14, 2021.

https://doi.org/10.1056/NEJMc2110716.

ChAdOx1 nCoV-19Oxford-AstraZeneca社)のワクチン接種後の血栓症に関する懸念から1),欧州のいくつかの国では,ChAdOx1 nCoV-191回接種した60歳未満または65歳未満の人を対象に,メッセンジャーRNAmRNA)異種ブースト戦略を推奨している2).現時点では,これらのレジメンの安全性と免疫原性に関するデータは限られている.

Covid-19ワクチンの縦断的な免疫原性に関する進行中の臨床研究(EudraCT number, 2021-000683-30)を通じて我々は,912週間前にChAdOx1 nCoV-19ワクチンを1回接種した88人の医療従事者を評価することができた.これらの参加者のうち,37人はChAdOx1 nCoV-19による同種ブーストを選択し,51人はmRNA-1273Moderna社)による異種ブーストを選択した.参加者の年齢の中央値は,それぞれ46歳(range, 28-62歳)と40歳(range, 23-59歳)であった.血液検体は,ブースト時,ブースト後710日,およびブースト後30日に採取した.SARS-CoV-2のスパイクタンパク(S)特異的IgGおよび受容体結合ドメイン(RBD)特異的IgGレベルを,ELISAを用いて評価し,AUCで表した.スウェーデンから分離されたオリジナルSARS-CoV-2SARS-CoV-2/01/human/2020/SWE; GenBank accession number, MT093571.1.)の血清中和を,免疫蛍光アッセイを用いて測定し,結果を50%阻害希釈倍率(ID50)の逆数で表した; スウェーデンから分離されたオリジナルSARS-CoV-2B.1 .351(またはβ)変異株体の血清中和も,細胞変性効果アッセイで測定した.ブースター接種前後の反応原性に関する情報は,研究参加者から報告された.

ブーストの当日,両群のSARS-CoV-2 S特異的およびRBD特異的IgGよび中和抗体レベルは同程度であった.ChAdOx1 nCoV-19ブースト後710日のS特異的IgGおよびRBD特異的IgGレベルは,ブースト当日の5倍(P< 0.001),mRNA-1273ブースト後710日のS特異的IgGレベルは115倍,RBD特異的IgGレベルは125倍(P< 0.001)であった(Figure S1).30日後,S特異的IgGレベルは,両群とも7日〜10日の時点でのレベルと同程度であった.

mRNA-1273による異種混合ブースト後にSARS-CoV-2 S特異的抗体が強力に誘導されたことは、in vitroでの相互血清中和価(reciprocal serum neutralization titer)の増加に反映されており、ブースト後710日の相互ID50reciprocal ID50)はブースト当日の20倍に達した(P< 0.001)(Figure 1A一方,ChAdOx1 nCoV-19による同種ブーストでは,7日〜10日以内に相互ID50がほぼ2倍になった(P= 0.09.ブースト後1ヶ月の時点では,両群ともに中和抗体がさらに増加したが(710日後のレベルの1.61.7倍),その増加は有意ではなかった.我々は,スウェーデンから分離されたオリジナルSARS-CoV-2の中和に関する結果を、別の研究室で検証した(Figure 1B).さらに,mRNA-1273によるブーストでは,SARS-CoV-2B.1.351変異株を中和する抗体が誘導されたが(Figure 1B)が,ChAdOx1 nCoV-19によるブーストでは,この変異株に対する強力な中和抗体が誘導されなかったことがわかった.これは既報3)に一致する.

Figure 1: In Vitro Neutralization of Original SARS-CoV-2 Isolate from Sweden and the B.1.351 Variant.

Panel A shows serum neutralization of the original severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) isolate from Sweden (SARS-CoV-2/01/human/2020/SWE) on the day of the boost, 7 to 10 days later, and 1 month later. Data points are the reciprocals of the individual serum dilutions that achieved a 50% reduction in infection (reciprocal 50% inhibitory dilution) in an assay in which infection of Vero E6 cells was measured by virus-specific immunofluorescence. Bars indicate geometric means, and 𝙸 bars indicate 95% confidence intervals. In the group that received a ChAdOx1 nCoV-19 boost, the numbers of participants with specimens analyzed were 35 for the day of the boost, 34 for days 7 to 10, and 34 for 1 month; the corresponding numbers in the group that received an mRNA-1273 boost were 26, 28, and 20. As a reference, neutralizing antibody responses to SARS-CoV-2 in 4 persons who had had coronavirus disease 2019 (Covid-19) and had received one dose of ChAdOx1 nCoV-19 vaccine 9 to 12 weeks before sampling were also evaluated. Panel B shows serum neutralization of the original SARS-CoV-2 isolate from Sweden and the B.1.351 variant at the 7-to-10-day time point, with neutralization evaluated as the lowest reciprocal serum dilution at which the cytopathic effect of SARS-CoV-2 on Vero E6 cells was reduced by 50% or more (50% cytopathic effect). Specimens from 18 participants in the group that received a ChAdOx1 nCoV-19 boost and from 16 participants in the group that received an mRNA-1273 boost were analyzed. All assays were performed under biosafety level 3 conditions at Umeå University (Panel A) or the Karolinska Institutet (Panel B).

 

 

https://www.nejm.org/na101/home/literatum/publisher/mms/journals/content/nejm/0/nejm.ahead-of-print/nejmc2110716/20210714/images/img_xlarge/nejmc2110716_f1.jpeg

 

この相対的に少数のコホートでは,ChAdOx1 nCoV-19ブーストよりもmRNA-1273ブーストの方が,発熱,頭痛,悪寒,筋肉痛などの報告が多かった.しかし,事象を強度レベルに応じて評価したところ,両群間に有意な差は見られなかった(Figure S2).この相対的に少数のコホートでは,ChAdOx1 nCoV-19ブーストよりもmRNA-1273ブーストの方が,発熱,頭痛,悪寒,筋肉痛などの報告が多かった.しかし,事象を強度レベルに応じて評価したところ,両群間に有意な差は見られなかった(Figure S2).報告された有害事象は,同種ChAdOx1 nCoV-19またはmRNA-127ワクチン接種レジメンで以前に発表されたものと一致している4)5)

結論として,mRNA-1273ワクチンは,ChAdOx1 nCoV-19ワクチンを912週間前に初回接種することで形成されたSARS-CoV-2特異的B細胞メモリーを効率的に刺激することができ,ChAdOx1 nCoV-19ブーストよりもB.1.351変異株に対する防御効果が高い可能性があると考えられる.また,これらのデータは,ChAdOx1 nCoV-192回接種した人に3回目の接種を行うワクチン接種戦略において,mRNAワクチン(ここではmRNA-1273)が有用である可能性を示唆している.

 

References

1) Greinacher A, Thiele T, Warkentin TE, Weisser K, Kyrle PA, Eichinger S. Thrombotic thrombocytopenia after ChAdOx1 nCov-19 vaccination. N Engl J Med 2021;384:2092-2101.

2) European Centre for Disease Prevention and Control. Overview of EU/EEA country recommendations on COVID-19 vaccination with Vaxzevria, and a scoping review of evidence to guide decision-making. May 18, 2021

(https://www.ecdc.europa.eu/en/publications-data/overview-eueea-country-recommendations-covid-19-vaccination-vaxzevria-and-scoping.).

3) Madhi SA, Baillie V, Cutland CL, et al. Efficacy of the ChAdOx1 nCoV-19 Covid-19 vaccine against the B.1.351 variant. N Engl J Med 2021;384:1885-1898.

4) Baden LR, El Sahly HM, Essink B, et al. Efficacy and safety of the mRNA-1273 SARS-CoV-2 vaccine. N Engl J Med 2021;384:403-416.

5) Folegatti PM, Ewer KJ, Aley PK, et al. Safety and immunogenicity of the ChAdOx1 nCoV-19 vaccine against SARS-CoV-2: a preliminary report of a phase 1/2, single-blind, randomised controlled trial. Lancet 2020;396:467-478.

Supplementary appendix