COVID-19関連追加(2021725日)ワクチンブレイクスルー感染についてその4

【ワクチン接種した金鉱山労働者における

SARS-CoV-2 Gamma変異株のブレイクスルー感染】

Vignier N, Bérot V, Bonnave N, Peugny S, Ballet M, Jacoud E, et al. Breakthrough infections of SARS-CoV-2 gamma variant in fully vaccinated gold miners, French Guiana, 2021. Emerg Infect Dis. 2021 Oct [date cited].

https://doi.org/10.3201/eid2710.211427.

Abstract

Gamma VOCによるSARS-CoV-2のアウトブレイクが,フランス領ギアナの金鉱山労働者24/44人(55%)に発生した(87%が症候性,重症例はなし).発病率は,完全ワクチン接種した鉱山労働者では60%15/25),感染歴のないワクチン未接種の鉱山労働者では75%3/4)であった.

 

Main

2021531日,フランス領ギアナのカカオの保健所において,金鉱山労働者のSARS-CoV-2陽性が報告された.彼は,アマゾンの森にあるカイエンから72km13kmの林道を含む)に位置する合法的な金鉱山で働いていた.同じ現場で働く他の労働者にも症状が報告されていたが,この特定集団の大部分は,前月にCOVID-19予防接種を完了していた.医療チームが現地に赴き,鉱山の従業員44名を調査,検査,スクリーニングした.本稿では,その調査結果について述べる.

すべての金鉱山労働者へのインタビューと健康診断,および保健所の記録を確認することで収集したデータを,標準化されたフォームに記入してデータを収集した.もし症候性の場合は,すべての鉱山労働者は医師の診察を受け,鼻咽頭のPanbio COVID-19 Ag Rapid Test deviceAbbott Laboratories, https://www.abbott.com)によるスクリーニングを受けた; すべての鉱山労働者は202162日にSARS-CoV-2 PCR EurobioPlex SARS-CoV-2 MultiplexEurobio Scientific, https://www.eurobio-scientific.com)による検査を受けた全従業員は202168日と15日に再評価され,結果が陰性だった者はPCRで再スクリーニングされた我々は,PCRが陰性であっても陽性であっても,39人の金鉱山労働者から採取した血液検体に対して血清検査を行った血清サンプルに対して,最初に抗SARS-CoV-2 ELISA IgGEuroimmun, https://www.euroimmun.com)検査が行われた.変数解析には記述統計を用い,単変量解析を行った.介入は,カイエン病院の活動の一環として公衆衛生上の対応を行った.すべての金鉱山労働者に対して,インタビュー中の情報の記録と処理,および研究目的での生物学的結果の使用について,口頭でインフォームド・コンセントを行い,医師はフランスの法律に基づいてnonobjection formを完了した.

鉱山労働者はほとんどが男性であり(42/44),年齢中央値は53.3歳であった.鉱山労働者のうち18人は重症COVID-19リスクを持っていた: 高血圧(11/44),糖尿病(4/44),肥満(4/44).鉱山労働者は現場で別々の部屋に居住していたが,対面の食事,機械室は共有であったまた,外ではマスクをせずに働いていた21人の労働者が,過去2週間の間に採掘場外での接触を報告した.

最初の症候性症例は,529日に機械オペレーター3人と鉱山労働者1人で発生した62日には抗原検査とPCRの結果が陽性となった.アウトブレイクのピークは,最初の症例の2日後,531日に発生した(Figure).検査が陰性であった無症候性の鉱山労働者5人は,別の開放型住宅に移って隔離された.そのうち4人が66日〜8日にかけて症状を呈し,68日に陽性となった.

全体の発病率54.5%24/44であった; 87%が症候性であった.65%が発熱,22.6%が呼吸困難を伴った臨床的に重症COVID-19(1)は認めず,入院した患者もいなかった感染した鉱山労働者のうち,18/23人(78.2%)はcycle thresholdCt)が28未満であった(Appendix Table 120J/501Y.V3としても知られているVOCVariant of concerngammaP.1系統)が,新たな変異はなく,パスツール研究所でシーケンスされた9/9のウイルスで確認された(Appendix Table 2).ワクチン未接種であり,検査陰性であった4人のうち,3人はSARS-CoV-2 IgGが陽性であった.患者40指標症例の可能性があった; 彼は,前週に家族を訪問したことを報告し,そしてCt値が33-35の無症候性SARS-CoV-2感染者であった

予防接種については,25/44人(56.8%)がBNT162b2ワクチン(Pfizer-BioNTech, https://www.pfizer.com)による完全ワクチン接種(fully vaccinated)を完了していた; COVID-19既往歴のある3/6人の労働者は,フランスのガイドライン(2)に従って,ワクチンを1回接種していた(Table.複数のBNT162b2 batch numberが使用された.ワクチンの温度は,コールドチェーンが途切れることはなく,LogTag AnalyzerLogTag Recorders, http://www.logtag-recorders.com)でモニターされ電子的に記録されていた.発病率は,完全ワクチン接種の鉱山労働者では15/25人(60.0%),部分ワクチン接種あるいはCOVID-19既往歴をもつ労働者では6/15人(40.0%),ワクチン未接種の労働者では3/4人(75%)であった発病率は,COVID-19既往歴をもつ人では0/6,既往歴のない人では63.2%であった(Table.感染リスクとの関連性があるその他の要因は見つけられなかった.

鉱山労働者のうち14/28人がワクチンの臨床失敗(vaccine clinical failures)(COVID-19の発症が2回目の接種またはCOVID-19の既往歴がある患者では1回の接種後,>14日経過した場合)を記録したが,重篤な感染症はなかった.完全ワクチン接種した28人のうち12人(42.3%)にワクチンの反応原性が報告された.完全接種者のうち,SARS-CoV-2 IgG比はほとんどの患者で高かった(mean 9.22, SD1.5血清検査は,症候性患者の症状発現から中央値で4日(IQR 2-5.5)後,ワクチン接種から58日(IQR 46-62)後に実施された

BNT162b2のようなmRNAワクチンは,野生型SARS-CoV-2およびそのalpha変異株の感染に対して,臨床試験およびリアルワールドで高い有効性を示した(3,4).しかし,betagammaなどのVOCにはそれまでの感染やワクチン接種によって引き起こされた液性応答から逃避する可能性がある変異をもつことが,in vitroでの血清中和の低下(5-7)beta変異株の場合のin vivoでの観察研究で証明されている(8,9).しかし,このようなブレイクスルー感染は,たとえbeta変異株によるものであっても,完全ワクチン接種の集団ではまれであり,ほとんどが無症候性あるいは中程度の症状(moderately)である(8-10)

Figure: Epidemic curve for symptomatic and asymptomatic COVID-19 case-patients, by date of symptom onset or date of PCR, during an outbreak in gold-mine workers in French Guiana, May 29–June 8, 2021. Of the case-patients with undated history of COVID-19, case-patient 7 had a high level of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) antibodies, probably from an old infection. Case-patients 23 and 26 had low levels of antibodies, indicating either recent or very old infection. Case-patient 40 was positive by PCR with cycle threshold = 33 on June 2 and had a high level of SARS-CoV-2 antibodies, indicating possible semi-recent infection dating back a few days or weeks. COVID-19, coronavirus disease; UHCn, undated history of COVID-19 (positive serology) with negative PCR, not vaccinated.

Epidemic curve for symptomatic and asymptomatic COVID-19 case-patients, by date of symptom onset or date of PCR, during an outbreak in gold-mine workers in French Guiana, May 29–June 8, 2021. Of the case-patients with undated history of COVID-19, case-patient 7 had a high level of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) antibodies, probably from an old infection. Case-patients 23 and 26 had low levels of antibodies, indicating either recent or very old infection. Case-patient 40 was positive by PCR with cycle threshold = 33 on June 2 and had a high level of SARS-CoV-2 antibodies, indicating possible semi-recent infection dating back a few days or weeks. COVID-19, coronavirus disease; UHCn, undated history of COVID-19 (positive serology) with negative PCR, not vaccinated.

 

 

Table:

 

 

 

 

*We defined acute SARS-CoV-2 infection in participants as having a positive SARS-CoV-2 antigenic or PCR test in June 2021, symptomatic or not. Of the 24 with acute infection, 21 were symptomatic and 3 asymptomatic infections. p value indicates degree of significance. COVID-19, coronavirus disease; SARS-CoV-2, severe acute respiratory syndrome coronavirus 2.

 

Discussion

我々は,完全ワクチン接種者でも高い発病率を示すCOVID-19 gamma変異株クラスターについて報告した.gamma変異株はフランス領ギアナで主流の変異株であり,20217月現在,第3次流行の原因となっており,病院の収容能力を超えてしまう恐れがある(11).このようなgamma変異株による感染に対するワクチン効果の低さは,in vitroの研究で,BNT162b2誘発性抗体によるbetaまたはgamma変異株に対する中和の低下が同様であったこと(5)beta変異株のスパイクタンパク質に対するCD4+T細胞応答が保存されていること(6)から,予想されなかった.20211月〜4月の間に米国で確認されたCOVID-19ワクチンのブレイクスルー感染10,262例のうち,シーケンスが可能だった555例については,gamma変異株によるものは28例のみであった(12).さらに,スパイクタンパク質をコードする遺伝子に同様のE484K変異があるbeta変異株によるあらゆる感染に対するリアルワールドでの有効性は75.0%と推定されている(9).このように発病率が高いことから,ワクチンの保存状態や接種方法に問題があるのではないかと考えたが,コールドチェーンの中断がなかったことや,異なるbatchのワクチンを使用していたことから,この仮説は否定的と思われる.採掘場が比較的隔離されていたことと,接触者を慎重に追跡したことから,このコミュニティ内にウイルスが持ち込まれた数は限られていると考えられた.事前にワクチンを接種していたにもかかわらず,SARS-CoV-2 PCRによるCt値が低かったことから,BNT162b2ワクチンを完全接種しても,マスクをしない共同生活の中では,症候性SARS-CoV-2感染とその伝播を防ぐのに十分ではないことが示唆された.また,一部の鉱山労働者の労働条件(暑さ,湿度,エアロゾル)や,他の鉱山労働者と採掘機械(machine cabs)を共有していたことも伝播の一因となった可能性がある.高リスク集団(13)で重症COVID-19が発生しなかったことは,別の状況下におけるbeta変異株の報告(14)と同様に,重症疾患に対する防御を示唆しているが,証明できない.

Conclusions

BNT162b2ワクチンを完全接種した人の発病率が非常に高いVOC gammaによるCOVID-19アウトブレイクを報告した.この結果から,BNT162b2が重症COVID-19から防御することが示唆された.しかし,このような小規模で孤立したワクチン接種集団における予期せぬアウトブレイクでは,VOC gammaに対するBNT162b2ワクチンの有効性について,さらなるリアルワールドにおける研究が必要とされる.gamma変異株の流行地域において,頻繁に曝露される人には,たとえ完全ワクチン接種していたとしても,マスキングやs−シャルディスタンスを置くことが必要である.

 

References

1) National Institutes of Health COVID-19 Treatment Guidelines Panel. Coronavirus disease 2019 (COVID-19) treatment guidelines. 2021 [cited 2021 Jun 18].

2) Haute Autorité de Santé. Vaccination strategy against SARS-CoV-2: vaccination of people with a history of Covid-19 [in French]. 2021 Feb 11 [cited 2021 Jun 28].

3) Polack  FP, Thomas  SJ, Kitchin  N, Absalon  J, Gurtman  A, Lockhart  S, et al.; C4591001 Clinical Trial Group. C4591001 Clinical Trial Group. Safety and efficacy of the BNT162b2 mRNA COVID-19 vaccine. N Engl J Med. 2020;383:2603–15.

4) Haas  EJ, Angulo  FJ, McLaughlin  JM, Anis  E, Singer  SR, Khan  F, et al. Impact and effectiveness of mRNA BNT162b2 vaccine against SARS-CoV-2 infections and COVID-19 cases, hospitalisations, and deaths following a nationwide vaccination campaign in Israel: an observational study using national surveillance data. Lancet. 2021;397:1819–29.

5) Hoffmann  M, Arora  P, Groß  R, Seidel  A, Hörnich  BF, Hahn  AS, et al. SARS-CoV-2 variants B.1.351 and P.1 escape from neutralizing antibodies. Cell. 2021;184:2384–2393.e12.

6) Geers  D, Shamier  MC, Bogers  S, den Hartog  G, Gommers  L, Nieuwkoop  NN, et al. SARS-CoV-2 variants of concern partially escape humoral but not T-cell responses in COVID-19 convalescent donors and vaccinees. Sci Immunol. 2021 May 25;6:eabj1750.

7) Liu  Y, Liu  J, Xia  H, Zhang  X, Fontes-Garfias  CR, Swanson  KA, et al. Neutralizing activity of BNT162b2-elicited serum. N Engl J Med. 2021;384:1466–8.

8) Kustin  T, Harel  N, Finkel  U, Perchik  S, Harari  S, Tahor  M, et al. Evidence for increased breakthrough rates of SARS-CoV-2 variants of concern in BNT162b2-mRNA-vaccinated individuals. Nat Med. 2021; Epub ahead of print.

9) Abu-Raddad  LJ, Chemaitelly  H, Butt  AA; National Study Group for COVID-19 Vaccination. Effectiveness of the BNT162b2 COVID-19 vaccine against the B.1.1.7 and B.1.351 variants. N Engl J Med. 2021;385:187–9; Epub ahead of print.

10) Swift  MD, Breeher  LE, Tande  AJ, Tommaso  CP, Hainy  CM, Chu  H, et al. Effectiveness of mRNA COVID-19 vaccines against SARS-CoV-2 infection in a cohort of healthcare personnel. Clin Infect Dis 2021 Apr 26 [Epub ahead of print.]

11) Santé Publique France. Regional epidemiological point: special COVID-19 [in French]. 2021 Jun 17 [cited 2021 Jun 18].

12) Birhane  M, Bressler  S, Chang  G, Clark  T, Dorough  L, Fischer  M, et al.; CDC. COVID-19 Vaccine Breakthrough Case Investigations Team. COVID-19 vaccine breakthrough infections reported to CDC—United States, January 1–April 30, 2021. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2021;70:792–3.

13) Gao  YD, Ding  M, Dong  X, Zhang  JJ, Kursat Azkur  A, Azkur  D, et al. Risk factors for severe and critically ill COVID-19 patients: A review. Allergy. 2021;76:428–55.

14) Bailly  B, Guilpain  L, Bouiller  K, Chirouze  C, N’Debi  M, Soulier  A, et al. BNT162b2 mRNA vaccination did not prevent an outbreak of SARS COV-2 variant 501Y.V2 in an elderly nursing home but reduced transmission and disease severity. Clin Infect Dis. 2021;2021:16; [Epub ahead of print].

 

21-1427-app1.pdf