COVID-19関連追加(2021822-2

mRNAワクチンについてその24(ワクチン接種後の症状および抗体測定値との関連)

【医療従事者におけるワクチン種類およびSARS-CoV-2感染歴と,ワクチン接種後の症状および抗体測定値との関連について】

Amanda K, et al. Association of Vaccine Type and Prior SARS-CoV-2 Infection With Symptoms and Antibody Measurements Following Vaccination Among Health Care Workers. JAMA Intern Med. Published online August 16, 2021.

https://doi.org/10.1001/jamainternmed.2021.4580.

20206月,ジョンズ・ホプキンス・ヘルスシステムのHWsは,血清サンプルと調査回答を34か月ごとに収集するS1スパイク抗体の縦断的研究に参加することに口頭でインフォームド・コンセントを得た.ジョンズ・ホプキンス大学のInstitutional Review Boardから倫理的な承認を得た.2021310日〜48日の間に研究訪問に参加したHWsは,いずれかのmRNAワクチンの2回目接種後14日以上経過してから血清サンプルが採取された場合,この解析に含まれた.酵素結合免疫吸着法(Euroimmun)を用いて,IgG抗体の測定値を吸光度比に基づいて決定し,測定法の飽和に基づいて上限値を11とした1)SARS-CoV-2感染歴は,(1)SARS-CoV-2ポリメラーゼ連鎖反応検査の結果が投与2日目以降の14日前に陽性であること,または(2)ワクチン接種前のS1スパイクIgG測定値が1.23以上であること,と定義した5).参加者は,ワクチン接種後の症状について,なし,軽度(注射部位の痛み,軽度の倦怠感,頭痛),臨床的に重大な症状(倦怠感,発熱,悪寒)のいずれかを自己申告した.SARS-CoV-2感染歴およびワクチンの種類と各接種後の症状との関連を調べるために,性別と年齢を調整したロジスティック回帰モデルを使用した.線形回帰モデルを用いて,抗体応答の大きさ(対数変換)と,年齢,性別,感染歴,ワクチンの種類,症状,ワクチン2回接種後の時間との関連性を検討した.解析はR, version 4.0.2 (R Foundation)で行った.

Results

954人のHWsに対して,2回接種14日以上後に質問票と血清サンプルを採取した.臨床的に重要な症状が報告されたのは,954人のうち1回目接種では52人(5%),2回目接種では407人(43%)であった.SARS-CoV-2感染歴,年齢,性別を調整した結果,いずれかの接種後に臨床的に重大な症状が発生するオッズは,Modernaワクチン接種者,Pfizerワクチン接種者においてより高かった(dose 1: odds ratio [OR], 1.83; 95% CI, 0.96-3.50; dose 2: OR, 2.43; 95% CI, 1.73-3.40)(Table過去のSARS-CoV-2曝露では,ワクチンの種類,年齢,性別を調節した結果,1回目接種(OR, 4.38; 95% CI, 2.25-8.55)では臨床的に重要な症状が出るオッズが高かったが,2回目接種ではそうではなかった(OR, 0.60; 95% CI, 0.36-0.99

 

 

Table: Significant Symptoms and Antibody Measurement Following SARS-CoV-2 mRNA Vaccines.

 

症状にかかわらず,参加者の大部分(954人のうち953, 99.9%を超える)が2回目接種から14日以上経過した時点でスパイクIgG抗体を獲得したが,免疫抑制剤を服用していた1人の参加者はIgG抗体を獲得しなかった(Figure).臨床的に重大な症状の報告,年齢が60歳未満,女性,Modernaワクチンの接種,過去のSARS-CoV-2曝露は,2回目接種後の時間を調整すると,より高レベルのIgG中央値との関連は独立していた

Figure: Antibody Measurement More Than 14 Days Following Dose 2 of SARS-CoV-2 Messenger RNA (mRNA) Vaccines Over Time Stratified by Symptoms.

Relationship of serum immunoglobulin G (IgG) antibodies recognizing the S1 subunit of spike and days after the second dose of SARS-CoV-2 mRNA vaccine in 953 hospital workers (1 participant who was receiving immunosuppressant medication did not develop IgG antibodies and is not shown). The IgG antibody measurements represent the ratio of 2 optical densities (ODs): the OD of the patient serum over the OD of an assay calibrator provided by the manufacturer. A measurement greater than 1.23 indicates the presence of spike antibodies with an upper threshold of 11 based on assay saturation1)5)Antibody measurements were stratified by symptoms after either vaccine dose. The curves were predicted median antibody measurement over time (time was allowed as a natural cubic spline with 2 degrees of freedom) stratified by symptoms, set age, sex, vaccine type, and prior infection as the sample average. Shaded areas represent 95% CIs.

 

 

 

Discussion

SARS-CoV-2 mRNAワクチンの2回目接種後,ほぼ100%HWsが,ワクチン誘発性反応(副反応)とは関係なく(独立して),スパイクタンパク質に対する強い抗体応答を示した.ワクチン接種後の臨床的に重要な症状は,SARS-CoV-2感染歴と関連しており,先行研究の報告を裏付けるものであった4).また,ワクチン接種後の臨床的に重要な症状は,2回目接種とModernaワクチン接種でより頻繁に見られた3)

本研究では,縦断的なコホート研究の参加者を対象としているため,2つの限界の可能性がある: @調査票の回収時期が想起バイアスにつながり,症状の報告に影響を与えた可能性がある; A免疫応答は中和抗体価ではなく,酵素結合免疫吸着法(ELISA)で測定された.

スパイクIgG抗体の測定値は,Modernaワクチンを接種し,SARS-CoV-2感染歴があり,臨床的に重大な反応を報告したHWsで高かった.しかし,高い抗体価がCOVID-19の予防や持続的な免疫にどのような役割を果たしているかは不明である.以上の結果から,ワクチン反応(副反応)やSARS-CoV-2感染歴にかかわらず,いずれのスパイクmRNAワクチンでもしっかりとしたスパイク抗体応答が得られることが示唆された

 

References

1) Manisty  C, Treibel  TA, Jensen  M,  et al.  Time series analysis and mechanistic modelling of heterogeneity and sero-reversion in antibody responses to mild SARS-CoV-2 infection.  

EBioMedicine. 2021;65:103259. doi:10.1016/j.ebiom.2021.103259

2) Chu  L, McPhee  R, Huang  W,  et al; mRNA-1273 Study Group.  A preliminary report of a randomized controlled phase 2 trial of the safety and immunogenicity of mRNA-1273 SARS-CoV-2 vaccine.  

Vaccine. 2021;39(20):2791-2799. doi:10.1016/j.vaccine.2021.02.007

3) Chapin-Bardales  J, Gee  J, Myers  T.  Reactogenicity following receipt of mRNA-based COVID-19 vaccines.  

JAMA. 2021;325(21):2201-2202. doi:10.1001/jama.2021.5374

4) Krammer  F, Srivastava  K, Alshammary  H,  et al.  Antibody responses in seropositive persons after a single dose of SARS-CoV-2 mRNA vaccine.  

N Engl J Med. 2021;384(14):1372-1374. doi:10.1056/NEJMc2101667

5) Caturegli  G, Materi  J, Howard  BM, Caturegli  P.  Clinical validity of serum antibodies to SARS-CoV-2 : a case-control study.  

Ann Intern Med. 2020;173(8):614-622. doi:10.7326/M20-2889