COVID-19関連追加(2021111日)BNT162b23回目接種についてその2

★当院HP関連ファイル:

2021921

 

【イスラエルにおけるBNT162b2 mRNA COVID-19ワクチンの3回目接種による重症アウトカムの予防効果: 観察研究】

Barda N, et al. Effectiveness of a third dose of the BNT162b2 mRNA COVID-19 vaccine for preventing severe outcomes in Israel: an observational study. Lancet. Oct 29, 2021.

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)02249-2/fulltext.

Summary

Background

多くの国で,主としてSARS-CoV-2のデルタ(B.1.617.2)変異に起因するCOVID-19の再流行が起こっている.これを受けて,これらの国では,時間経過とともに免疫力が低下し,デルタに対する有効性が低下する可能性があるため,ブースターとしてmRNA COVID-19ワクチンの3回目接種を検討している.我々は,イスラエル最大の医療機関のデータリポジトリを利用して,重症COVID-19アウトカムを防ぐためのBNT162b2 mRNAワクチンの3回目接種の有効性を評価することを目的とした.

Methods

半数を超えるイスラエル国民に義務医療保険を提供しているClalit Health Services社のデータを用いて,2020730日〜2021923日の間に3回目接種を受けた人と,3回目接種を受けていない人口統計学的および臨床的に類似した対照者を1:1でマッチさせた.対象となる参加者は,募集日の少なくとも5ヶ月前に2回目のワクチン接種を受けており,過去にSARS-CoV-2感染が記録されておらず,そして募集前の3日間に医療機関との接触がなかった.医療従事者,長期療養施設に居住者,医学的な在宅療養者は除外した.主要アウトカムは,COVID-19関連入院,重症疾患,COVID-19関連死亡とした.各アウトカムに対する3回目接種の有効性は,Kaplan-Meier推定を用いて,1−リスク比として推定した.

Results

2020730日〜2021923日の間に,1,158,269人が3回目接種群に含めることができた(appendix pp 20–21, 23).マッチング後,3回目接種群と対照群にはそれぞれ728,321人が含まれ,年齢の中央値は52歳(IQR 37-68)で,51%が女性であった(Table 1).ベースラインの人口統計は,対象となった集団(すなわち,1,158,269人)と本研究に含まれたマッチング集団との間で類似していた.総追跡時間は12,632 473日で,両群とも最初の7日以降の追跡時間の中央値は13日(IQR 6-21),最大追跡時間は55日であった

 

 

Table 1: Baseline characteristics.

ワクチン3回目接種の有効性は,2回接種のみと比較して,入院に対して9395%CI 88-97; 2回接種の231vs 3回接種の29件),重症疾患に対して92%82-97; 157 vs 17件),COVID-19関連死に対して81%59-97; 44 vs 7件)と推定された(Table 2COVID-19関連入院については,接種後6日目頃から累積発生率曲線が分散し始めた; 重症疾患およびCOVID-19関連死亡については,接種後89日目頃から分散が見られた(Figure 1).入院および重症疾患に対するワクチン3回目接種の推定有効性は,男性と女性,4069歳と70歳以上で同様であった(Table 3).

Table 2: Effectiveness of the third vaccine dose versus two vaccine doses of the BNT162b2 mRNA COVID-19 vaccine.

 

 

Figure 1: Cumulative incidence curves comparing COVID-19-related admission to hospital (A), severe disease (B), and death (C) in individuals who received two versus three doses of the BNT162b2 mRNA COVID-19 vaccine.

The dashed vertical line indicates day 7, on which the main analysis period begins.

 

Table 3: Subgroup analysis of the effectiveness of the third vaccine dose versus two vaccine doses of the BNT162b2 mRNA COVID-19 vaccine.

記録されたSARS-CoV-2感染に対する3回目接種の有効性は88%95%CI 87-90; 2回接種で6131 vs 3回接種で1135件),症候性感染に対する有効性は91%89-92; 3345 vs 514; Table 4)と推定された3回目接種を受けた人は,受けなかった人に比べて,追跡調査中のSARS-CoV-2感染検査の頻度が少なかった

Table 4: Infection outcomes in those who received a third vaccine dose versus two vaccine doses of the BNT162b2 mRNA COVID-19 vaccine.

ブースター有効性を「1 ー発生率比」と定義して感度解析を行ったところ,同様の結果が得られた: 入院に対しては87%95%CI 82-92),重症疾患に対しては89%83-94)、COVID-19関連死に対しては84%67-93)であった(appendix p22

生態学的解析(ecological analysis)によると,各年齢層で3回目のワクチン接種キャンペーンが開始された直後から,まだ対象となっていない年齢層と比較して,それぞれの年齢層で発生率が低下し始めている傾向が認められた(Figure 2

Figure 2: Daily incidence of SARS-CoV-2 infection for different age groups around initiation of third dose vaccination.

Daily incidence proportions of SARS-CoV-2 infection (ie, positive PCR-test) among the at-risk population by age group around the time the third dose vaccination was initiated (left Y axis). For each age group, the vertical dashed line with the same colour is the day that age group became eligible for the third dose. The epidemic curve (daily incidence counts) is shown shaded in the background (right Y axis). All curves were smoothed by using a moving 7-day mean, assigning for each day the value of the mean of the 7 days ending on that day.

Interpretation

我々の結果から,BNT162b2 mRNAワクチンの3回目接種は,少なくとも5ヶ月前に2回のみ接種した場合と比較して,COVID-19関連の重症アウトカムから個人を防御するのに有効であることが示唆された