診療科目・診療時間・アクセス
院長あいさつと診療理念
人間ドック
もの忘れ外来(認知症)
呼吸器科・アレルギー科
モストグラフ
禁煙外来について
舌下免疫療法
ボツリヌス(ボトックス)治療(眼瞼痙攣、顔面痙攣)
インフォームドコンセント・セカンドオピニオンについて
病気の説明のページ(患者さん用)
勉強会、学会活動など
学会・研究会メモ
スタッフ
 
■■呼吸器科の紹介

“健康診断で肺に異常があると言われた”、“最近、咳や痰が止まらない”、 “以前より息切れが強くなった”、“夜になると呼吸が苦しくなる”、などといった症状がありませんか?。
きっと単なる“かぜ”だから大丈夫、と放置していませんか・・・?。
もしかすると、肺に何か病気が隠れているかもしれません。 肺炎、気管支喘息、睡眠時無呼吸症候群、肺癌、気胸、慢性閉塞性肺疾患(COPD≒肺気腫、慢性気管支炎)、間質性肺炎・・・、 一般的に肺炎や気管支喘息は認知されていると思いますが、COPDや間質性肺炎など聞きなれない病気かもしれません。

当院では、胸部X線やCT、MRI、肺機能検査、呼気一酸化窒素(NO)測定、簡易型ポリソムノグラフィー(睡眠時無呼吸症候群の検査です)などを用いて 診察・診断いたします。 また、肺癌などの早期発見を目的とした“肺ドック”“禁煙外来”も併設しております。


”以前より息切れが強くなった”ことで受診した自検例より

1)閉塞性細気管支炎 70代女性

肺機能検査は閉塞性換気障害パターンを呈し、
胸部CTではair trappingを示唆する“mosaic perfusion”を認める

2)膠原病随伴性間質性肺炎(関節リウマチの既往あり) 60代男性

胸部CTで両肺下葉に“honey comb(蜂巣肺)”を認める

■■アレルギー科の紹介

主に気管支喘息や食物アレルギー、虫刺されアレルギーなどを中心に診療しています。

当院では舌下免疫療法や、食物アレルギーの同定に有用なプリックテストを行うことができます。

また当院では、食物アレルギーや虫刺されアレルギー(蜂など)等に対してエピペン®注(アドレナリン)の処方も可能です。 これらのアレルギーは時に重篤な症状を引き起こす可能性があり、アドレナリン注射が第一選択薬です。ぜひお気軽にご相談ください。