診療科目・診療時間・アクセス
院長あいさつと診療理念
人間ドック
もの忘れ外来(認知症)
呼吸器科・アレルギー科
モストグラフ
禁煙外来について
舌下免疫療法
ボツリヌス(ボトックス)治療(眼瞼痙攣、顔面痙攣)
インフォームドコンセント・セカンドオピニオンについて
病気の説明のページ(患者さん用)
勉強会、学会活動など
学会・研究会メモ
スタッフ
 
磯部クリニックの理念

患者さんが「少しでも心身ともに良い状態を維持して、良い一生を過ごす」ためのお手伝いをする。 病気も然る事ながら、手際よく話を聞き、余分な心配を除いてやることが大切である。 そして、「磯部クリニックに来てよかった、元気が出た」、と思って帰ってもらえるように努める。

クリニックの歴史

私達のクリニックは平成6年4月9日に、私とたった5名のスタッフで始まりました。
現在はスタッフも増え、さらに患者さんの話をよく聞き、 よく説明するというクリニックの理念を 実践することを少しでも努力し、日々の診療に励んでおります。 そしてこのような医療を皆様に ご提供できているのは、看護師、放射線技師、事務の皆様の支えがあるお陰です (スタッフのポートレートは患者さんのSさんの作品です)。
感謝。

人間とは

生まれたと同時に、死に向かって走り出しています。生あるものは死す、形あるものは壊れる。 これは自然の摂理であり、私達には変えることはできません。それならばいたずらに恐れず、 より良く生き、より良く死ぬことしかありません。元気なうちは、一生懸命に働き、自分のことは自分で行い、 そして食べられなくなったら、延命治療などせずに、枯れるように死ぬことです。 子供達になるべく迷惑をかけないように、そしてバトンタッチをすることだと思います。

憂鬱と寂しさのみが老いならずこころを決めて渦潮を見る(総田正巳)
生きかはり死にかはりして打つ田かな(村上鬼城)
院長 磯部 逸夫