診療科目・診療時間・アクセス
院長あいさつと診療理念
人間ドック
もの忘れ外来(認知症)
呼吸器科・アレルギー科
モストグラフ
禁煙外来について
舌下免疫療法
ボツリヌス(ボトックス)治療(眼瞼痙攣、顔面痙攣)
インフォームドコンセント・セカンドオピニオンについて
病気の説明のページ(患者さん用)
勉強会、学会活動など
学会・研究会メモ
スタッフ
 

■■人間ドックの有用性

日本人の死亡原因疾患はがん、脳血管疾患、心疾患が死亡原因の上位御三家となっています。それらのうち、脳血管疾患は日常生活の改善や、MRI、X線CTなどによる早期診断が普及した結果、その死亡率は昭和40年代から減少してきています。
また、心疾患も血管造影検査により、手術せずに治療ができるようになりました。がん検診により、がんが早期に発見できた場合、5年生存率と医療費で、進行がんとの比較において、顕著な差があります。また、脳血管疾患は、画像診断機器の発展により、古い小さな脳梗塞(無症候性脳梗塞)や、破裂しそうな動脈瘤、細くなって詰まりそうな血管などが発見できるようになりました。